これまでは公的年金等を受給できる方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月1日からは、公的年金等の額が児童扶養手当の額よりも低い場合には、その差額分の手当を受給できるようになりました。

詳細な手続き方法については、下記までお問い合わせください。

※児童扶養手当について

今回の改正に伴い、障害年金の子の加算を対象外として児童扶養手当を受給している方についても、平成26年12月1日以降は、まずは障害年金の子の加算を受給していただいた上で、子の加算の額が児童扶養手当の額よりも低い場合には、その差額分の手当が支給されることになります(差額計算の過程における端数処理の範囲内で変動することはあり得ます)。

このため、現在、児童扶養手当の額の方が障害年金の子の加算の額よりも高いとして児童扶養手当を受給されている方は、平成26年12月1日以降に、障害年金の子の加算の受給手続等を行う必要があります。

詳細な手続き方法については、下記までお問い合わせください。