桑名地域小児在宅医療講演会を開催しました

医療的ケアの必要な子どもが病院を退院し、自宅で家族と過ごしていくために必要な小児在宅医療。

小児在宅医療について、医療・福祉だけでなく教育など様々な職種が関わり、連携して、地域で支え合うことの重要性を考えていただく機会として、「桑名地域小児在宅医療講演会」を開催しました。

 

開催状況

開催日 平成27年1月17日(土曜日)
開催時間

(開演) 午後1時30分

(終了) 午後4時00分

開催場所 桑名市民会館 小ホール
参加人数 約110人
プログラム プログラム [291KB pdfファイル] 

 

当日の様子

市長あいさつ 

 

講演

小児等在宅医療連携拠点事業について

座長:岩本 彰太郎(いわもと しょうたろう) 氏

三重大学医学部附属病院 小児トータルケアセンター センター長

テ ーマ

「小児等在宅医療の現状と課題」

演 者

奈倉 道明(なぐら みちあき) 氏

厚生労働省 医政局 地域医療計画課

在宅医療推進室 室長補佐

資 料 資料 [6104KB pdfファイル] 

 

  

 

指定発言

「桑名地域における事業の取組み」

発言者

近藤 久(こんどう ひさし) 氏

桑名地域小児在宅医療検討委員会 委員長、

近藤小児科医院 院長

資 料  資料 [1003KB pdfファイル] 

 

 

 

特別講演

座長:近藤 久 氏

テーマ

「地域で医療的ケアが必要な重症心身障害児(者)を支え合う」

演 者

三浦 清邦(みうら きよくに) 氏

名古屋大学大学院医学系研究科

障害児(者)医療学寄附講座 教授

資 料

資料 [3716KB pdfファイル] 

 

  

 

当日の様子

 

 

 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

 PDF

Adobe Readerをダウンロード>>