タチツボスミレ (スミレ科)

日差しにも暖かさを感じる早春の道端に咲き始めます。日本の代表的なスミレで、草地や林内など広く分布しています。側弁と唇弁には紫条がある可憐なスミレで、和名は茎から立ち上がる庭(坪)に咲くスミレという意味でつけられました。他のスミレにもあるエライオゾームというアリが好む脂肪体を運ばせ繁殖しています。

【桑名市自然環境保護推進員】川添昭夫