65歳以上の人(第1号被保険者)の介護保険料

 65歳以上の人の介護保険料(以下「保険料」という。)は、桑名市の介護サービスにかかる費用の総額(利用者負担分を除く)の約23パーセントに応じて、基準額が決まります。よって、基準額は市区町村ごとに異なります。
 

介護保険料の決め方

 基準額をもとに、低所得の人に負担とならないよう、本人などの市民税の課税状況や合計所得金額(年金の額だけではなく、給与や事業による所得、不動産所得などすべての収入)で決められます。
 
○ 平成30年度から3年間の介護保険料 基準額:年額66,506円・・・第5段階の保険料額

段 階

対象者

基準額✕負担割合=保険料

第1

段階

生活保護受給者又は

市民税非課税世帯の老齢福祉年金受給者

 

 

66,506×0.3=19,952円
 

 

本人が市民税非課税

同じ世帯にいる方

全員も民税非課税

基準所得金額(※1)が80万円以下の方

第2

段階

第1段階に該当しないかつ

基準所得金額(※1)が120万円以下の方

66,506×0.5=33,253円

第3

段階

第1、2段階に該当しないかつ

基準所得金額(※1)が120万円超の方

66,506×0.7=46,555円

第4

段階

同じ世帯に

市民税課税者がいる方

基準所得金額(※1)が80万円以下の方

66,506×0.9=59,856円

第5

段階

基準所得金額(※1)が80万円超の方

基準額 66,506円

第6

段階

 

 

 

 

 

 

本人が市民税課税







 

基準所得金額(※2)が120万円未満の方

66,506✕1.2=79,808円

第7

段階

基準所得金額(※2)が

120万円以上200万円未満の方

66,506✕1.3=86,458円

第8

段階

基準所得金額(※2)が

200万円以上250万円未満の方

66,506✕1.4=93,109円

第9

段階

基準所得金額(※2)が

250万円以上300万円未満の方

66,506✕1.5=99,759円

第10

段階

基準所得金額(※2)が

300万円以上400万円未満の方

66,506✕1.6=106,410円

11

基準所得金額(※2)が

400万円以上600万円未満の方

66,506✕1.7=113,061円

第12

段階

基準所得金額(※2)が

600万円以上800万円未満

66,506✕1.8=119,711円

第13

段階

基準所得金額(※2)が

800万円以上1,000万円未満

66,506✕1.9=126,362円

第14

段階

基準所得金額(※2)が1,000万円以上の方

66,506✕2.0=133,012円 

● 基準所得金額(※1):公的年金等の収入金額+【合計所得金額−(長期譲渡所得・短期譲渡所得に係る

          特別控除額)】−公的年金等所得金額

● 基準所得金額(※2):合計所得金額-(長期譲渡所得・短期譲渡所得に係る特別控除額)

※ 保険料の算定における「世帯」とは、4月1日現在の住民基本台帳(住民票)の世帯です。
ただし、4月2日以降に市外からの転入や65歳となり、第1号被保険者となった場合は、
その年度の転入日、到達日現在の世帯となります。

※ 「合計所得金額」とは、前年の給与や事業による所得、不動産所得などすべての所得の合計額となります。また、年金収入のみの方は、年金収入額から公的年金控除額を差し引いた額です。

○ 介護保険料の納付義務者
第1号被保険者本人ですが、世帯主と配偶者にも連帯して納付する義務があります。
一人ひとりの保険料が桑名市の介護保険を支えています。保険料の納付にご協力をお願いします。 

介護保険料の納め方

 第1号被保険者の保険料は、65歳になった日(65歳の誕生日の前日)の属する月から納めていただきます。
(例) 9月1日生まれの方は、8月分から納めていただきます。
9月2日生まれの方は、9月分から納めていただきます。

介護保険料は、原則として年金から納めます。
老齢基礎年金額などの年金額が年額18万円以上の方については、年金から天引きされます。それ以外の方については、桑名市が発行する納付書または、口座振替により個別に納めていただきます。

※ 65歳到達より、すぐに年金天引きはできません。およそ半年から1年後、年金天引きを開始します。
 

40歳から64歳の人(第2号被保険者)の介護保険料

 第2号被保険者の保険料は、加入している医療保険の保険料として一括して徴収されます。保険料の算定方法は、加入している医療保険によって異なります。
サラリーマンの妻など被扶養者の分は、加入している医療保険の被保険者が負担するので、新たに保険料を納める必要はありません。
国民健康保険加入者の場合、世帯主が世帯員(第2号被保険者)の保険料も負担します。

○ 介護保険料は忘れずに納めましょう
 災害等の特別な事情がないのに保険料を滞納していると滞納期間に応じて次のような措置がとられます。

【1年以上滞納すると】
利用者が費用の全額をいったん自己負担し、
申請により後で保険給付分が支払われることになります。

【1年6ヶ月以上滞納すると】
利用者が費用の全額を負担し、
申請後も保険給付の一部または全部が一時的に差し止めとなったり、
滞納していた保険料と相殺されることがあります。

【2年以上滞納すると】
介護サービスの利用料が3割に引き上げられ、
高額介護サービス費等の支給や施設利用時の負担減額を受けられなくなります。

 年金天引きされない普通徴収の方は、保険料を納め忘れないために、便利で確実な口座振替をご利用ください。
 銀行、農協等の桑名市指定金融機関、または郵便局でお申し込みいただけます。
申請の際は、保険料の納付書、預金通帳、通帳印をご持参ください。
 

利用者負担の費用の目安

 介護保険のサービスを受けたときは、原則としてかかった費用の1割または2割(平成30年8月から1~3割)を負担していただきます。施設に入所した場合やデイサービス(日帰りで通うサービス)を利用する場合は、費用の1~2割(または3割)のほか食費、居住費などが必要です。

※ 要介護(要支援)認定を受けた者及び総合事業対象者には、「介護保険負担割合証」が交付されます。
負担割合証には、利用者負担の割合1~2割(または3割)が記載されています。
 

利用者負担額が著しく高額になる場合

 利用者負担分が著しく高額になる場合は、一定額を超える金額は申請により、高額介護サービス費として支給されます。
 

介護保険のサービス支給限度額を超えてサービスを利用した場合 

 介護保険では、要介護度に応じてサービス支給限度額が決定されます。この限度額を超えてサービスを利用した場合、限度額を超えた分は、全額利用者負担となります。