桑名市アダプトプログラムに登録していただいている里親に対して花苗の配布をおこない、市内の道路や公園などを色とりどりの花で飾っていただきました。

  

  

 

桑名市アダプトプログラムとは

市内で清掃美化活動をおこなうボランティアの個人や団体、企業等が、市と合意した地域をきれいにしてもらう取り組みです。

アダプトとは「養子縁組をする」という意味があり、市などが管理する公園や道路などの公共の場所を「子ども」と見立て、「里親」となってくれるボランティア(市民、事業者等)との間で「養子縁組」(合意)をし、「里親」は「我が子」への愛情でもって、清掃・美化活動などを自主的におこなっていくというものです。

 

市は、里親に対し活動に必要な支援をおこなっており、美化活動の支援の一環として、花苗の配布をおこなっています。

今回は11の里親から申し出があり、それぞれが活動する地域に合計530株の花苗を植栽していただきました。

桑名市アダプトプログラムでは、里親となっていただける個人や団体、企業等を随時募集しています。

上記の取り組みに興味を持たれた方はこちらをご確認ください。