保健医療課~地域活動紹介~〈随時更新〉

保健医療課では、障害福祉課、療育センター、子育て支援課、介護高齢課等と連携して、地域の健康づくりに関する仕事をしています。

健康・ケアアドバイザー(令和元年8月7日)

  • 保健師より古野地区の特徴やフレイルなど健康についてのお話しと、季節の健康関係のご案内を行いました。また、体力測定の後に、理学療法士より運動のお話しと「桑名いきいき体操」のポイント解説を行いました。

  

保育士研修会(令和元年7月23日)

  • 歯科衛生士より「乳幼児の歯や口の健康」についてお話ししました。参加者は6名でした。

  

統合事例検討研会(令和元年7月18日)

  • 理学療法士より「さまざまな姿勢」について、言語聴覚士より「新版K式発達検査の見方その2」についての講話を行いました。統合事例検討会の講座で保育士の先生方41名が参加されました。

     

ふれあいトーク(令和元年7月18日)

  • 歯科衛生士よりクイズを交えた講話「高齢者の歯と口の健康」についてを行いました。保健師より健(検)診と結核検診の案内を行いました。19名が参加されました。

  

ふれあいトーク(令和元年7月17日)

  • 理学療法士より「桑名いきいき体操」のそれぞれの効果や運動の意味、また負荷強度の上げ方を解説しました。保健師より、健(検)診のお知らせと、熱中症予防についてお伝えしました。57名の方が参加されました。

   

健康・ケアアドバイザー(令和元年6月28日)

  • 保健師が「地区特性について」、作業療法士が「認知症について」、理学療法士が「体力測定振返り・運動効果」について講話を行い、桑名いきいき体操を行いました。

 

学習・保育支援員対象:研修・講話(令和元年7月10日)

  • 理学療法士が幼稚園、小・中学校の学習・保育支援員に「発達障がいの子どもの理解と対応について~姿勢について~」を体験を交えながら講話しました。参加者は、31名でした。

  

子ども・子育て応援センター「ぽかぽか」(令和元年7月9日)

  • 理学療法士が「子どものからだと運動発達について」のワンポイントアドバイスと相談を行いました。

桑名ふれあいトーク(令和元年7月3日)

  • 三重県地域活動栄養士連絡協議会の方々に向けた子どもの口腔機能の発達と摂食について動画や体験を交えながら講話を行いました。

健康・ケアアドバイザー(令和元年7月1日)

  • 保健師がアドバンス・ケア・プランニング(APC:人生会議)の紹介、健(検)診、地区特性についての講話、理学療法士が高齢者の自動車運転時の踏み間違い事故についてのトピックスと体を使ったレクリエーション、桑名いきいき体操を行いました。

 

保育士研修会(令和元年6月25日)

  • 理学療法士が「子どものからだと運動発達について」の講話をしました。参加者は26名でした。

 

健康・ケアアドバイザイザー(令和元年6月14日)

  • 保健師と理学療法士より要介護の原因、桑名いきいき体操のポイント解説や講話をし、体力測定を実施しました。

 

健康・ケアアドバイザー(令和元年6月24日)

  • 体力測定を実施しました。理学療法士が運動についての講話と「桑名いきいき体操」のポイントを解説し、保健師が健(検)診と熱中症についてのお知らせをしました。

  

健康・ケアアドバイザー(令和元年6月19日)

  • 保健師が検診についてのお話を行い、理学療法士が七和地区の特徴や効果的な運動についての講話と「桑名いきいき体操」を行いました。

  

桑名ふれあいトーク(令和元年5月31日)

  • 保健師より猪飼地区の特徴や、健康についてのお話しを行いました。また、理学療法士より運動のお話しと「桑名いきいき体操」「レクリエーション」を行いました。

   

桑名ふれあいトーク(令和元年5月31日)

  • 歯科衛生士より「乳歯から永久歯までのむし歯予防」について4~5歳児とその保護者に講話を行いました。保健師より「禁煙週間」についてお話ししました。保護者37名の参加がされました。

 

保育士研修会(令和元年5月28日)

  • 非正規職員の方々が参加しやすいように開催時間を16時から例年より開始時間を早めたところ沢山の非正規職員の方々の参加がありました。言語聴覚士が体験や動画を交えながら子どもの摂食と嚥下についてお話をしました。

   

健康・ケアアドバイザー(令和元年5月21日)

  • 歯科衛生士より「高齢者の歯と口の健康について」作業療法士より「認知症について」講話を行いました。19名の参加がされました。

   

統合事例検討会(令和元年5月16日)

  • 新版K式発達検査の見方について、統合事例検討会の講座で保育士の先生方37名に言語聴覚士が講話をしました。

健康・ケアアドバイザー【大山田第四公園】(令和元年5月14日)

  • ボランティアさんが見本となり、桑名いきいき体操を行いました。また、保健師と理学療法士より要介護の原因、体操のポイント解説をし、体力測定を実施しました。

 

療育センター研修(令和元年5月9日)

  • 理学療法士が療育センター職員に「疾患の概要と支援具」について研修を行いました。18名の参加でした。

  

桑名ふれあいトーク【女性学級】(平成31年4月16日)

  • 理学療法士が女性学級にてロコモティブシンドロームについてのお話と、体力測定、運動の体験を行いました。30名が参加されました。

     

療育センター研修(平成31年4月4日)

  • 言語聴覚士が療育センター職員に「子どもの摂食嚥下」について講義と体験を行いました。17名の参加でした。

 

体操導入支援[2回目](平成31年3月24日)

  • 楽友会が、週に1回の桑名いきいき体操を行う、「通いの場」の登録をしました。これから体操を定着していくために、理学療法士が解説し、実施しました。

 

地区活動(平成31年3月20日)

  • 北部東地域包括支援センター、北部西地域包括支援センター、福祉なんでも相談センター、社会福祉協議会長島支所と、理学療法士、保健師が「JA播磨ライスセンターたけのこ出荷説明会」におじゃましました。今シーズンの本格的な作業開始を前に、腰痛予防のお話と桑名いきいき体操からストレッチを抜粋し紹介をしました。

 

地区活動(平成31年3月22日)

  • 北部東地域包括支援センター、北部西地域包括支援センター、福祉なんでも相談センター、社会福祉協議会長島支所と、理学療法士、保健師が「JA深谷支店たけのこ出荷説明会」におじゃましました。今シーズンの本格的な作業開始を前に、腰痛予防のお話と桑名いきいき体操からストレッチを抜粋し紹介をしました。

 

健康・ケアアドバイザー(平成31年3月13日)

  • 元気の宿にて、理学療法士が地区の人口特性のお話、頭と身体を使ったレクリエーション、バス健診の啓発を行いました。

 

子育て講座(平成31年3月12日)

  • 理学療法士が乳幼児の保護者を対象に運動発達や「はいはい」について講話を行いました。その後は個別に相談対応を行いました。

 

地区活動(平成31年3月8日)

  • 北部東地域包括支援センター、北部西地域包括支援センター、福祉なんでも相談センター、社会福祉協議会多度支所と、理学療法士、保健師がたけのこ出荷説明会におじゃましました。今シーズンの本格的な作業開始を前に、腰痛予防のお話と桑名いきいき体操からストレッチを抜粋し紹介をしました。

 

健康・ケアアドバイザー(平成31年3月6日)

  • サロン睦美にて、保健師が「がん予防で健康ライフ」の話、理学療法士が介護が必要になった原因や運動の必要性についてお話ししました。

 

健康・ケアアドバイザー(平成31年2月27日)

  • 中須円寿寺本堂で「中須福寿会」の参加者を対象に、多度地区担当の保健師が「地区の特性」をお話し、その後、理学療法士が一緒に体力測定や桑名いきいき体操の解説をしました。参加者は11名でした。

   

子育て応援ボランティア(平成31年2月26日)

  • 子育て支援センター「ぽかぽ」かで行われた子育て応援ボランティアスキルアップ講座で、言語聴覚士が「保護者の話の聞き方」について講話を行いました。

   

体操導入支援(平成31年2月24日)

  • 楽友会で運動をやってみたいというご相談があったので、理学療法士が江場地区の人口構成や、効果的な運動ついて講話を行い、桑名いきいき体操を実施しました。

   

ふれあいトーク(平成31年2月19日)

  • 立教まちづくり拠点施設で開催された女性学級の第9回講座において、理学療法士が「ロコモティブシンドローム」について、運動を交えた講話を行いました。

 

健康・ケアアドバイザー(平成31年2月18日)

  • 上之郷多目的集会所で「上之郷サクラ会」の参加者を対象に、多度地区担当の保健師より「地区の特性」、理学療法士より「運動」について講話し、桑名いきいき体操を実施しました。参加者は11名でした。

 

保育士研修会(平成31年2月15日)

  • 歯科衛生士が「乳幼児の歯の健康」について、言語聴覚士が「ことばの発達」について研修を行いました。1歳児の担当保育士7名が参加しました。

子育て講座(平成31年2月8日)

  • 子育て支援センター「ぽかぽか」で「ことばをひきだすために大切なこと」について言語聴覚士が講話を行いました。講話後、個別の「ことばの相談」を行いました。

健康・ケアアドバイザー(平成31年1月30日)

  • 言語聴覚士が「誤嚥性肺炎とは」について講話を行いました。発声訓練と桑名いきいき体操を最後にみんなで行いました。参加者は、12名でした。

 

子育て講座(平成31年1月16日)

  • 子育て憩いの広場で「ことばを引き出すために大切なこと」について言語聴覚士が講話を行いました。28組の親子が参加しました。講話後、個別の「ことばの相談」を行いました。

子育て講座(平成31年1月11日)

  • 子育て支援センター「ぽかぽか」で、「0歳から始めるむし歯予防」について歯科衛生士が講話を行いました。19組の親子が参加しました。

  

健康・ケアアドバイザー(平成30年12月19日)

  • 大山田「元気の宿」にて、歯科衛生士より「口腔機能を維持・向上」のための講話と口腔体操の実践を行いしました。保健師より「インフルエンザの予防」についての講話も行いました。13名の参加でした。

 

健康・ケアアドバイザー(平成30年12月3日)

  • 多度すこやかセンターの研修室で「いいとも会」の参加者を対象に理学療法士が「効果的な運動」について講話し、桑名いきいき体操を解説・実践しました。また、多度地区担当の保健師より「地区の特性・インフルエンザ予防」、作業療法士より「認知症予防」について講話しました。参加者は25名でした。

  

健康・ケアアドバイザー(平成30年11月27日)

  • 歯科衛生士より「口腔機能を維持・向上させるための口腔機能訓練の実施」と作業療法士より「認知症予防」についてのお話をしました。26名の参加でした。

   

保育士研修会(平成30年11月22日)

  • 言語聴覚士から「言葉の発達と脳の発達」、歯科衛生士から「乳幼児の歯の健康」について講話を行いました。40名の参加がありました。

  

健康・ケアアドバイザー(平成30年11月21日)

  • サロン睦美にて、栄養士が「栄養バランスの良い食事について」、理学療法士が「運動について」の講話を行いました。

  

健康・ケアアドバイザー(平成30年11月16日)

  • サロン西別所にて、言語聴覚士が「誤嚥性肺炎予防」、理学療法士が「運動効果」の講話を行い、また体力測定の実施、桑名いきいき体操のポイント解説を行いました。参加者は22名でした。

  

統合事例検討会(平成30年11月15日)

  • 公立保育所統合児担当保育士、私立保育園保育士に向けて子どもの摂食と嚥下について基礎的な内容をお話ししました。離乳食の食形態の進め方と口腔機能の発達の段階をDVDを使いながら実施しました。また、食具の重要性についても講話し、体験も実施しました。

健康・ケアアドバイザー(平成30年11月14日)

  • 健康ケアアドバイザー2回目。作業療法士より「認知症予防について」、理学療法士より「転んでも寝たきりにならないためには?」の講話と「桑名いきいき体操」の解説と実技を行いました。

   

療育センター職員研修(平成30年11月8日)

  • 座位姿勢について、理学療法士が体験を交えながらの研修を行いました。

 

健康・ケアアドバイザー(平成30年11月1日)

  • 健康・ケアアドバイザー1回目。立田町サロンにて言語聴覚士より「誤嚥性肺炎」の講話、理学療法士より「転ばないためには、どうしたらよいか?」の講話と「桑名いきいき体操」の解説と実技を行いました。

 

健康・ケアアドバイザー(平成30年10月31日)

  • 健康ケアアドバイザー1回目。理学療法士が、筒尾地区健康体操会参加者に向けて「桑名いきいき体操」の解説をしポイントをお伝えした上で、音楽を流しながら実施しました。また保健師が健(検)診、高齢者インフル予防接種の啓発を行いました。

 

健康・ケアアドバイザー(平成30年10月17日)

  • 健康・ケアアドバイザー1回目。過去2回の体力測定の結果より、わくわくフレンズさんは、足の筋力、バランス、柔軟性の項目で向上されていました。1週間に1回の体操を継続されている成果がみられました。その後、体力測定を行いました。また、なんでも相談センターより、アドバンス・ケア・プランニングの講話もしていただきました。

 

笑和の会[体操支援](平成30年10月18日)

  • 野田地区で「運動の話を聞いてみたい。」という声が上がったので、理学療法士が野田地区の人口構成や、運動の必要性と効果的な方法について講話を行いました。その後「桑名いきいき体操」の解説と実技も行いました。

 

第4回桑名市地域リハビリテーション専門職交流会(平成30年10月11日)

  • 第4回桑名市地域リハビリテーション専門職交流会を開催しました。専門職77名(理学療法士49名、作業療法士18名、言語聴覚士10名)が参加。桑名市より地域のリハビリテーション資源の現状、在宅サービスを紹介し、桑名市総合医療センター様より病院紹介をしていただきました。グループワークは、1グループで行い医療機能別に意見交換し、他の参加者には、ライブ映像で見学していただきました。

   

健康・ケアアドバイザー(平成30年10月1日)

  • 多度すこやかセンターの研修室で「いいとも会」の参加者を対象に言語聴覚士が「言葉・発音・難聴」について講話を行いました。また、多度地区担当の保健師より「地区の特性」、理学療法士より「運動」について講話しました。参加者は31名でした。

 

ふれあいトーク(平成30年9月27日)

  • 長島地区まめじゃ会にて、保健師が「がん検診の案内」、歯科衛生士からは「口腔ケアと誤嚥性肺炎」について講話を行いました。

 

年齢別研修[1歳児](平成30年9月21日)

  • 理学療法士が1歳児の運動発達について、実際のケースの映像を見ながら研修を行いました。1歳児の担当保育士10名が参加しました。

ふれあいトーク(平成30年9月12日)

  • 子育て支援センターキラキラで、「0歳から始めるむし歯予防」について歯科衛生士が講話を行いました。保健師ががん検診と「アプリ内ウォーキングイベント」についてお話をしました。10組の親子が参加しました。

 

ふれあいトーク(平成30年8月30日)

  • 筒尾地区宅老所にて、保健師から筒尾地区の状況と「運動についての効果」、歯科衛生士から「口腔ケアと誤嚥性肺炎」について講話を行いました。

 

健康・ケアアドバイザー(平成30年8月9日)

  • 小貝須浜ふれあいサロンにて保健師から小貝須浜の状況を説明し「口腔ケアと誤嚥性肺炎」について歯科衛生士が「運動の効果について」理学療法士が講話を行いました。

 

保育士研修会(平成30年7月26日)

  • 「歩いてからの運動発達」について、理学療法士が歩行などの体験も交えながら研修を行いました。参加者は、46名でした。

 

女性学級(平成30年7月17日)

  •  中央公民館の講座「女性学級」にて歯科衛生士が「女性の歯や口の健康について」講話を行いました。参加者は19名でした。

   

松の木「健康体操会」(平成30年7月8日)

  • 保健師から「桑名いきいき体操」の解説と歯科衛生士から「歯と口の健康について」講話を行いました。参加者は31名で、体力測定やニュースポーツなども実施しました。 

   

保育士研修会(平成30年6月28日)

  • 「食べる機能の発達」と「保護者の話の聞き方」について、言語聴覚士が、体験も交えながら講話を行いました。

 

健康・ケアアドバイザー[サロン西別所](平成30年6月22日)

  • 健康ケアアドバイザー1回目。「高齢者に多い肺炎の予防について」言語聴覚士の講話と理学療法士から「運動の効果」の講話といきいき体操を実施しました。

   

桑名ふれあいトーク(平成30年6月18日)

  • 桑名市民児協全員研修で民生委員の皆様に言語聴覚士が「発達障がいのある子どもの理解と対応」について講話と体験を行いました。参加者は172名でした。

 

桑名ふれあいトーク[大成地区子育てふれあい広場](平成30年6月18日)

  • 桑名市大成地区健康推進員会の子育て支援活動「子育てふれあい広場」にて歯科衛生士が講話を行いました。

 

健康・ケアアドバイザー[ふれ愛ふかや](平成30年6月18日)

  • 深江神社の会館にて「ふれ愛ふかや」の参加者を対象に歯や口の健康について歯科衛生士が講話を行いました。参加者は18名でした。

体操導入支援[サロン幸齢](平成30年6月14日)

  • サロンで「運動の効果」について聞いてみたい!という声が上がったので、理学療法士が筒尾地区の人口構成など、運動の必要性と効果的な方法について講話を行いました。

 

桑名ふれあいトーク(平成30年6月13日)

  • 正和地区、久米地区の一人暮らし高齢者を対象に歯科衛生士から「歯や口の健康について」、保健師から「朝食の大切さについて」講話を行いました。参加者は40名でした。

 

保育士研修会(平成30年6月7日)

  • 「歩くまでの運動発達」について、理学療法士が、公私立保育士、幼稚園教諭、障がい児支援者を対象に体験も交えながら研修を行いました。36名の参加がありました。

 

桑名ふれあいトーク[NPO法人ネットワークくわっこ](平成30年6月6日)

  • 子育て憩いの広場で、「0歳から始めるむし歯予防」について歯科衛生士が講話を行いました。25組の親子が参加しました。

   

桑名ふれあいトーク[立教楽翁会](平成30年6月5日)

  • 歯科衛生士、言語聴覚士、作業療法士が、高齢者の歯について、誤嚥性肺炎について、認知症について講話を行いました。嚥下体操や認知症予防対策など実際に体験をしながら実施しました。参加者は25名でした。

   

保育士研修会(平成30年5月24日)

  • 平成30年度保育士研修会:第1回「発達障がい児の理解と対応」について、公私立保育士、幼稚園教諭、福祉事業所の障がい児支援者を対象に言語聴覚士が、体験も交えながら研修を行いました。53名の参加がありました。

  平成30年度保育士研修会【全6回】日程一覧 [290KB pdfファイル] 

  ※この研修は子ども未来課と共同で開催しています。

 

統合事例検討会(平成30年5月17日)

  • 公立保育所統合児担当保育士、私立保育所保育士に向けて、理学療法士が「困りごと~座位について~」について研修会を行いました。

 

平成30年度 療育センター 職員研修(平成30年5月10日)

  • 療育センターの保育士と児童に関わる福祉事業所職員に向けて理学療法士が「疾患の概要と支援具」についての研修を行いました。28名のうち7名の福祉事業所職員が参加されました。

 

中須円寿寺[体操導入支援](平成30年4月25日)

  • サロンで「桑名いきいき体操」を取り入れてみよう!という声が上がったので、保健師が体操の解説をおこない、理学療法士が痛みの管理や、個人にあった運動の方法をアドバイスしました。

   

赤ちゃんからの歯の衛生(平成30年4月24日)

  • 長島福祉健康センターにて「0歳から始めるむし歯予防」について歯科衛生士が講話を行いました。19組の親子の参加がありました。

老人クラブ連合会多度分会(平成30年4月20日)

  • 「老人クラブ連合会多度分会」にて歯科衛生士より、「高齢者が知っておきたい歯や口の健康」について講演を行いました。60名の参加者がみえました。

 

  

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>