桑名市では、できるだけ多くの市民の皆様が高齢になっても住み慣れた場所で生き生きと暮らし続けて人生の最期を迎えられるよう、「地域包括ケアシステム」の構築を目指しています。
これは、日常生活圏域を単位として、自宅を始めとする「住まい」を確保した上で、「生活支援」、「介護」、「医療」及び「予防」を一体的に提供するための地域づくりです。
そのためには、保健・医療・介護・福祉専門職の皆様のほか、市民の皆様も含め、地域全体で意識を共有することが重要です。
そこで、平成25年12月27日、桑名市ホームページにおいて、「地域包括ケアシステム」に関するコーナーを立ち上げました。
この中では、順次、桑名市における「地域包括ケアシステム」の構築に向けた取組みについて、幅広く情報を提供することとしています。

 

 

ふれあいトーク(地域包括ケアシステムの構築とオール桑名の取組み)を行いました(令和元年5月19日)

今般、ふれ愛ふかや3周年記念において、ふれあいトークを行い、「地域包括ケアシステムの構築とオール桑名の取組み」について、講話を行いました。

 20190519

 

ふれあいトーク(新しい介護予防・日常生活支援について)を行いました(令和元年5月16日)

今般、桑名市老人クラブ連合会総会において、ふれあいトークを行い、「新しい介護予防・日常生活支援」について、講話を行いました。

20190516 

   

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>