展覧会のご案内  2016年11月5日から12月11日まで

「桑名石取祭の祭車行事」(石取祭)は、平成19年に国指定重要無形民俗文化財に指定されました。それから約8年を経た平成27年3月、先にユネスコ無形文化遺産代表一覧に記載されている「京都祗園祭の山鉾行事」・「日立風流物」と、同じく国指定重要無形・有形民俗文化財に指定されている石取祭を含む33の山車祭礼を併せて、「山・鉾・屋台行事」として代表一覧記載へ向けて再度拡張提案されました。

 本展示では、石取祭が含まれているこの提案が、本年に代表一覧記載が見込まれていることから、記載登録発表に先立ち、登録祈念として“祭礼の美”をテーマに、祭に用いる染織品を中心とした展示を行います。織手が丹念に織りなした染織品の優美な世界を、祭気分に浸りながらご鑑賞ください。

展覧会概要

 

会期: 11月5日(土曜日)~12月11日(日曜日)※31日間

会場:桑名市博物館(三重県桑名市京町37-1)

 

開館時間:午前9時30分から午後5時まで

             (入館は午後4時30分まで)

入 館 料:一般(高校生以上):500円  小中生以下:無料

※20人以上の団体は1人100円引き。

※桑名市博物館メールマガジン購読者は携帯画面を見せるか、

 プリントアウトしたものを見せれば本人及び同伴者

 合計2人まで100円引き

 

休 館 日:月曜日・祝日の翌日

 

関連イベントのご案内

◆展示解説 展覧会担当者による展示解説

11月26日(土曜日)・12月4日(日曜日)

(1)午後10時30分・(2)午後1時30分から、両日ともに桑名市博物館展示室にて2回行います。

予約不要。入館料のみで参加出来ます。