第1次配水管網更新計画の実施について
概要

  桑名市では、中長期にわたって目指すべき目標と目標達成のために実施すべき施策を示した「桑名市上水道事業基本計画」を平成26年3月に改訂し、これに基づいて効率的、効果的な配水管網の整備について示した「第1次配水管網更新計画」を策定しています。

 この計画においては、避難所や病院等重要な施設に給水している水道管のうち地震に弱い管路や、漏水が多発している老朽管路を更新対象として抽出し、耐震化する更新年度を定めています。

 

計画年度

 計画年度は、平成28年度から平成36年度とします。

 計画期間が9年間と長期間であることから、第1期計画(平成28年度から平成31年度)と第2期計画(平成32年度から平成36年度)に区分し、第1期計画終了時点(平成31年度末)で、進捗状況や社会情勢を踏まえた上で、必要に応じて計画の見直しを行います。

計画路線
  • 重要給水路線
     地震発生時に給水を確保すべき重要給水施設を以下の102箇所とし、そこに至る水道管を重要給水路線と位置づけて優先的に工事します。 

     

  • 漏水多発路線

      本市が過去に修繕工事を行い、漏水が度重なり発生している水道管を漏水多発路線と位置づけて、優先的に工事します。 

更新対象

  計画路線として位置づけたもののうち、老朽管及び地震に弱い水道管を対象にして、地震に強い水道管への入替工事、または水道管の補強工事を実施します。 

年度別計画  

 重要給水路線と漏水多発路線をあわせた計画路線延長の合計は73.5kmであり、そのうち更新延長は53.3kmとなります。

 重要給水路線のうち、救護所を併設している中学校避難所、医療センター、公務実施機関への給水確保と、漏水多発路線の更新工事を優先して実施することとし、平成28年度から31年度までの第1期計画期間の更新完了を目標としています。

耐震化済:既に耐震化が図られている重要給水施設。

基幹給水:基幹管路の耐震化事業に該当する重要給水施設(水源から配水区までの主要な系統から給水している重要給水施設、第1次配水管網更新計画対象外)。

 

 ●年度別更新路線(平成28年度から平成36年度) 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

 PDF

Adobe Readerをダウンロード>>