下記の通り、全国近代化遺産連絡協議会桑名大会が開催されます。

 日程

平成29年7月26日(水曜日)から28日(金曜日)  

会場

NTNシティホール(桑名市民会館)2階小ホール

大会テーマ

六華苑重要文化財指定20周年記念

「日本の近代化と西洋建築~コンドルが残したモノ・ヒト~」

出演者

加藤耕一(東京大学大学院工学系研究科教授)

菅原洋一(三重大学大学院工学研究科教授)

湯本 桂(株式会社 文化財構造計画計画室 技師)

笠原一人(京都工芸繊維大学デザイン・建築学系助教)

水谷芳春(桑名市役所ブランド推進課課長補佐兼係長)

趣旨

六華苑(旧諸戸家住宅)は、大正2年(1913)に2代諸戸清六の新居として建設された。洋館の設計は鹿鳴館などの設計で名高いジョサイア・コンドルです。洋館と和館は、平成9年に国の重要文化財に指定され今年で20年の節目の年となった。お雇い外国人として日本に招かれたコンドルは、数多くの建築の設計に携わるほかに工部大学校(現、東京大学工学部建築学科)で教鞭を取り、多くの日本人建築家を育成した。コンドルやその弟子たちが残した西洋建築、伝えた建築の技術は日本の近代化に大きく貢献しました。このフォーラムではその意義を再確認するとともに、今も残る建物の修理や活用を如何に行っていくかを検討し、これからの西洋建築の保護に資することを目的とします。

 

詳細は全国近代化遺産連絡協議会チラシ [1207KB pdfファイル]  をご参照ください。

観覧希望の方は、往復はがきに郵便番号、住所、名前、年齢、電話番号を記入し、直接または郵送にて商工観光文化課までご提出ください。

※締切 7月14日(金曜日)必着 ※定員:50名(申込多数の場合抽選)

 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

 PDF

Adobe Readerをダウンロード>>