趣旨

桑名市では、桑名市国際化推進基金を活用し、青少年の国際感覚を養い、次代を担う広い視野をもった人材の育成を図るため、海外に滞在し国際交流を行うものに対して助成金を交付します。

申込み期間

平成29年7月3日(月曜日)から9月29日(金曜日)午後5時15分まで

助成対象者

(1)住民基本台帳法に基づき、本市の住民基本台帳に記録されている者
(2)1年以上本市に居住し、かつ、助成金の申請及び交付決定時において市内に住所を有する者
(3)平成29年4月1日現在で中学生である者又は15歳から25歳までの者
(4)出入国の日を含み、30日以上海外で国際交流を行った者
(5)平成29年1月1日から平成29年12月31日までに助成事業を完了する者

助成対象にならない場合

  (1) 桑名市国際交流助成事業要綱第1条に規定する趣旨「青少年の国際感覚を養い、次代を担う広い視野をもった人材の育成を図るため、海外に滞在し、国際交流を行う者に対して助成金を交付すること」に沿わないとき。
  (2) 営利、売名、宗教及び政治等を目的とする活動であるとき。
  (3) 当該助成事業においてほかの制度による助成を受けた、又は受ける予定があるとき。
(例 他の自治体、民間の財団等の助成金)
  (4) 以前にもこの桑名市国際交流助成金を交付されたことがある場合。 

助成対象となる経費について

 助成の対象となる経費は、海外に滞在し国際交流を行う際に必要な経費で、次に掲げるものが対象となります。
  (1) 本市と滞在先の往復に要する交通費
  (2) 滞在に要する宿泊費
  (3) その他桑名市教育委員会が特に認める経費(現地での飲食費や遊興費などは認められません)

助成額

1人当たりに対する助成金は、対象となる経費の2分の1以内で5万円が限度となります。
助成対象定員は20人までです。

 手続方法

桑名市役所生涯学習・スポーツ課で申請書類が入った封筒を配布しますので、記入例にしたがって書類を作成し期日までに提出してください。提出の際は必ず桑名市役所生涯学習・スポーツ課へお越しください。
郵送は不可となります。

・平成29年9月29日(金曜日)午後5時15分までに提出する書類
・桑名市青少年国際交流助成事業助成金交付申請書(様式第1号)
・実施計画書(様式第2号)
・収支予算書(様式第3号)
・事業終了後、すみやかに提出する書類
・桑名市青少年国際交流助成事業実績報告書(様式第5号)
・実施内容及び成果(様式第6号)
・収支決算書(様式第7号)
・領収書の写し(様式第8号)
・住民票(各自で取得)
・その他教育委員会で必要と認める書類

その他

・平成30年1月もしくは2月中に面接を実施する予定です。1か月前位に通知をしますので、必ず面接を受けてください。面接を受けなければ審査できません。提出された書類と面接により助成対象者を決定します。
・面接終了後、交付決定者のみに助成金請求に関する書類を送付させていただきます。
・記入の仕方などで疑問が出たり、わからない場合は生涯学習・スポーツ課までお問い合わせください。

  桑名市青少年国際交流助成事業実施要綱 [111KB pdfファイル] 

 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

 PDF

Adobe Readerをダウンロード>>