展覧会のご案内  2017年10月21日から11月26日まで

  平成29年(2017)が大政奉還150年に当たることから、幕末時に京都所司代として活躍した桑名藩主・松平定敬を取り上げ、その激動の軌跡を追います。

  本年が大政奉還、来年が明治維新から150年という節目の年を迎えることもあり、昨今幕末への関心が増してきています。しかし、大政奉還をはじめとする幕末の京都政局において、桑名藩が一橋慶喜、会津藩主・松平容保らといわゆる一会桑勢力を形成し、どのような政治行動を行ったのかは、残念ながら広く知られているわけではありません。

 そこで本展では、松平定敬や雷神隊長・立見尚文ら桑名藩に関する同時代資料の展観を通じ、歴史の転換点ともいうべき幕末維新史において桑名藩のはたした役割を理解する一助としていただければ幸いです。

【NEW!!】幕末維新と桑名藩_出品目録 [378KB pdfファイル] 

 

幕末維新と桑名藩― 一会桑の軌跡 ―

「幕末維新と桑名藩― 一会桑の軌跡 ―」展ポスター

会期:平成29年10月21日(土曜日)から11月26日(日曜日)まで

会場:桑名市博物館(三重県桑名市京町37-1)

開館時間:午前9時30分から午後5時まで

             (入館は午後4時30分まで)

入 館 料:有料 500円(中学生以下無料・障害者手帳提示の方は本人及び同伴者合わせて2名まで無料)

    20名以上の団体は一人400円/メルマガ会員はクーポン画面、またはそれをプリントアウトしたものを提示すると、本人及び同伴者合わせて2名まで一人400円

休 館 日:月曜日

特別展示解説:水谷憲二氏(三重県総合博物館)による展示解説

10月22日(日曜日) 午後1時30分から。予約不要です。

展示解説:展覧会担当者による展示解説

11月5日(日曜日) 午後1時30分から。予約不要です。

 

助成:公益財団法人岡田文化財団助成事業