趣旨

 養老鉄道養老線(以下「養老線」という。)は、岐阜県揖斐川町から三重県桑名市までの2県、3市4町を結び、年間約600万人の利用者がある沿線地域にとって大切な生活路線で、平成19年10月からは、上下分離方式での運営に移行し、沿線3市4町や近畿日本鉄道(株)が支援を続けてきました。

 本格的な人口減少や、少子高齢化の進展が予測される中、特に、地域公共交通については、養老線沿線を中心として、沿線バス交通やタクシー等の二次交通を含めた公共交通ネットワークの形成、維持が重要となってきます。

 このため、沿線3市4町では、養老線を中心として沿線バス交通やタクシー等の二次交通を含めた公共交通ネットワークの形成、当地域の活性化及び再生に取り組む諸施策の大綱を定めた「養老線交通圏地域公共交通網形成計画」を策定しました。

計画期間

   平成29年11月1日から平成39年3月31日まで

養老線交通圏地域公共交通網形成計画

・養老線交通圏地域公共交通網形成計画【概要版】 [221KB pdfファイル] 

・養老線交通圏地域公共交通網形成計画【詳細版】 [2078KB pdfファイル] 

 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

 PDF

Adobe Readerをダウンロード>>