ひとり暮らしの高齢者等に、緊急通報装置を設置することにより、急病や災害の緊急時にボタンひとつで、24時間体制の受信センターと通話することができ、迅速かつ適切な対応をとることが出来ます。 

対象者

(1)心身に障害のある、おおむね65歳以上のひとり暮らしの高齢者の方
(2)ねたきり状態の高齢者の方と同居している、おおむね65歳以上のみの世帯の方
(3)ひとり暮らしの重度身体障害者 

利用料

利用者の市民税課税額に応じて料金が決まります。