桑名市では、桑名市地域防災計画、桑名市危機管理計画、桑名市国民保護計画を定めています。また、上下水道部では、これらの防災計画を上位計画として、上下水道部の行動指針等を危機事象ごとにまとめた上下水道部危機管理マニュアルを定め、有事に備えている状況です。
 
 上下水道事業において想定される危機は様々ですが、本市は「南海トラフ地震防災対策推進地域」に指定されるなど、大規模地震の発生が危惧されています。また、平成26年3月には、三重県防災対策部から「三重県地震被害想定調査結果」が公表され、南海トラフ地震等の発生により本市の上下水道施設においても甚大な被害が発生する想定がなされており、大規模地震への対応が喫緊の課題となっています。
 
 上下水道部における地震対策は、上下水道部危機管理マニュアルの一つとして、地震対策マニュアルを定め、発災後に実施すべき一通りの業務を取りまとめています。一方で、発災時には職員も被災するなど、業務実施に必要となるリソース(資源:人、物、資金、情報等)が十分確保できないことも想定されます。
 上下水道は、お客さまの生活や社会活動を支える重要なライフラインであり、リソースが制限を受ける状況下においても、事業を継続することが求められます。
 
 そのため、大規模地震発生時におけるリソースの制約を予め想定しつつ、効率的かつ効果的な災害対応による上下水道機能の早期回復を目指す「桑名市上下水道事業 災害時事業継続計画【地震対策編】」を平成29年3月に策定しました。
 
 下記からダウンロードしてご覧ください。