157名の方にご参加いただき、医師 佐藤 孝之 氏からアドバンス・ケア・プランニング 「もしもの時のこと考えてみませんか」をテーマにしたお話と、終活ジャーナリストで、流通ジャーナリスト(故)金子 哲夫 氏の妻、 金子 稚子 氏から『「い(生・逝)きかた」は自分で決める』と題した講演をいただきました。

 来場者からは、「最期になった時、どのような生活を送りたいかをしっかり考えて、家族と話し合おうと思った」「自分の生き方・逝き方について、向き合って考えるきっかけになった」「家族に自分の思いを伝えておくことの重要性、必要性を感じた」「救急医療と延命治療について自分の考え・希望について書いて残しておこうと思った」「誰もが必要な話で、元気なうちに、もしもの時のことを具体的に考えて備えておかないと、と思った」などのご感想をいただきました。 

【開催案内】在宅医療・介護連携推進事業 平成29年度 市民向け講演会 [560KB jpgファイル] 

日時 

平成29年11月11日(土曜日) 午後1時30分から午後3時30分まで

 場所

NTNシティホール(桑名市民会館)小ホール

当日の様子

○桑名医師会 青木会長 あいさつ     ○アドバンス・ケア・プランニング

                   「もしもの時のこと考えてみませんか」   佐藤内科 佐藤 孝之 医師

    

 

○講演 「い(生・逝)きかたは自分で決める」 終活ジャーナリスト 金子 稚子 氏