公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)が主催するこのプロジェクトは、東京2020大会で使用するメダルを市民のみなさまがお持ちの使用済み携帯電話等の小型家電から製作するという取り組みです。
このプロジェクトを通じて、オリンピック・パラリンピック合わせて金・銀・銅あわせて約5,000個のメダルを製作する予定となっています。

この度、桑名市もこのプロジェクトに参加をしました。
平成30年3月1日から、市内に設置をしている小型家電リサイクル回収ボックスに投入されたものをこのプロジェクトの対象としています。

市民の皆様にも、このプロジェクトへの積極的なご協力をお願いいたします。

 

プロジェクトへのご参加方法

プロジェクトへのご参加方法としては下記2通りの方法を取ることが出来ます。

1. 小型家電リサイクル回収ボックスによる回収

市内2箇所に設置している小型家電リサイクル回収ボックスに不要となった小型家電を入れていただければ完了です。
設置場所は下記のとおりです。

 小型家電リサイクル回収ボックス設置場所

 施設名 設置場所  住所 
 桑名市役所 1階北玄関入口付近  桑名市中央町2丁目37番地 
 クルクル工房 段ボール回収場所付近  桑名市大字江場777-1 
 
 2. 宅配便による自宅回収

桑名市では、2015年より小型家電リサイクル認定事業者であるリネットジャパン株式会社と小型家電リサイクルに関する協定を締結し、宅配便によるパソコンを含む小型家電の自宅回収サービスのご活用もご案内しております。この回収方法は、パソコンを含む場合、1箱(3辺合計140cm以内、重さ20kg以内)は無料でご利用いただけます。(パソコンを含まない場合、1箱 1,500円)
この回収方法をご利用頂くことでも、プロジェクトへのご参加をすることが出来ます。

お申し込み・詳細のご確認については
リネットジャパン株式会社HP(http://www.renet.jp/)にてお願い致します。

 

回収対象品目
  • 携帯電話(スマートフォン、タブレットを含む)
  • ノートパソコン
  • 電話機
  • ラジオ
  • デジタルカメラ、フィルムカメラ
  • ビデオカメラ
  • 映像用機器(DVD-BDプレーヤー/レコーダー等)
  • 音響機器(MDプレーヤー等)
  • 補助記憶装置(HDD、USBメモリ等)
  • 電子辞書、電卓
  • 電子血圧計、電子体温計
  • 理容用機器(ヘアドライヤー等)
  • 懐中電灯
  • 時計
  • ゲーム機
  • ポータブルカーナビ、ETC車載ユニット

以上の附属品(リモコン、ACアダプタ、ケーブル、充電器等)も回収対象となります。

注意事項
  1. 電池やSDカードなどの記憶媒体は取り外して、出してください。
  2. 個人情報が含まれているものは、必ず消去してからボックス内へ入れてください。
  3. 投入口(縦15 cm×横25 cm)に入らない大きさのものは、回収対象外です。
  4. 投入した小型家電は、いかなる場合も返却できません。
  5. ご家庭で使用されていたものに限ります。事業所で使用されていたものは産業廃棄物となりますので、排出者の責任において法律に沿って適正に処分を行ってください。

 ※ プロジェクトの詳細に関しましては、運営事務局HP(http://www.toshi-kouzan.jp/)をご確認ください。