近年、肺炎による死亡者数は高齢者を中心に増加しており、死因の第3位となっています。一般に肺炎のうち4分の1から3分の1は「肺炎球菌」によるものと考えられています。高齢者用肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)は、全ての肺炎を予防するワクチンではありませんが、接種により肺炎にかかっても軽い症状で済む効果が期待されます。

  予防接種法の改正により平成26年10月1日から高齢者用肺炎球菌ワクチンの予防接種が定期接種
 (一部公費負担)となりました。令和2年度においては、下記のように接種対象者や接種期間等が定められます。
 

令和2年度 対象者

 桑名市内在住の方(桑名市に住民登録がある方)で、次の1または2に該当する方
 注意:過去に肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)の接種を一度でも受けたことがある方は、対象外となります。
 1.令和2年度に各年齢となる方(接種歴のない方に予診票を令和2年3月末に送付しました)
年齢 生年月日
65歳

昭和30年4月2日生から昭和31年4月1日生

70歳 昭和25年4月2日生から昭和26年4月1日生
75歳 昭和20年4月2日生から昭和21年4月1日生
80歳 昭和15年4月2日生から昭和16年4月1日生
85歳 昭和10年4月2日生から昭和11年4月1日生
90歳 昭和 5年4月2日生から昭和6年4月1日生
95歳 大正14年4月2日生から大正15年4月1日生
100歳 大正 9年4月2日生から大正 10年4月1日生
 
2.60歳以上65歳未満の方であって、心臓、腎臓または呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方
(接種を希望される場合は、医師と相談の上、保健医療課までお尋ねください。)
 

接種期間

 令和2年4月1日(水曜日)から令和3年3月31日(水曜日)まで
 

接種場所

 桑名市指定医療機関 高齢者用肺炎球菌定期予防接種   市内医療機関一覧.pdf [136KB pdfファイル] 
 ❊接種をご希望の医療機関へは、事前にお申し込みください。
 

個人負担額

 2,500円(上記の予防接種対象者で生活保護世帯の方は無料です)
 

持ち物

 (1)令和2年度用 桑名市 高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種予診票
   ❈予診票がない場合は接種できません。紛失等の場合は再発行を行いますので、保健医療課までお越しください。
   申請書はこちら [146KB pdfファイル] 
 
 (2)健康保険証
 
 (3)健康手帳(お持ちの方のみ)
 
  ❈健康手帳は、保健医療課で発行しています。
 

その他

  ❈市外(県内)で受ける場合は、事前に保健医療課へご連絡ください。 
 
 ❈県外で受ける場合は、自費になります。また、健康被害補償制度を適応するための予防接種実施申請が必要となりますので、下記の様式にご記入いただき、保健医療課まで提出してください。
申請書は、こちらからダウンロードしてください。予防接種実施申請書[101KB pdfファイル]   
 
 ❈肺炎予防のためにできること日常生活上の注意点[165KB pdfファイル]  をご参考にご覧ください。 
 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>