特定健康診査

 令和元年7月1日(月曜日)から、特定健康診査・後期高齢者健康診査を実施しております。増加している生活習慣病を早い段階で発見し、予防・改善するための健診を、この機会にぜひ受けましょう。 

※例年10月、11月は医療機関が大変混雑しますので、早期受診にご協力をお願いいたします。

対象

桑名市国民健康保険に加入している、昭和19年9月1日~昭和55年3月31日生まれの、受診日において桑名市国民健康保険の被保険者である方

(対象の方に、受診券および案内を順次郵送しております。)

(桑名市国民健康保険以外(健保組合、協会けんぽ等)に加入の方は、勤務先等へお問い合わせください。)

実施期間

令和元年7月1日(月曜日)から令和元年11月30日(土曜日)まで

検査項目

問診、診察、身体計測、血圧測定、血液検査、尿検査、心電図検査、貧血検査

一定の基準の下、医師が必要と認めた場合に検査できる項目 … 眼底検査

 

費用

無料

持ち物

受診券、質問票、桑名市国民健康被保険者証

実施場所

市内指定医療機関一覧.pdf [296KB pdfファイル] 

注意事項

(1) 下記の場合、健診費用が全額自己負担となります。

・桑名市国民健康保険の資格を喪失後、特定健康診査を受診された場合(届出日にかかわらず、他の健康保険加入日および市外転出日当日から対象外となります。他の健康保険へ切り替え手続き中の方は、保険者(勤務先等)に加入日をご確認していただき、桑名市国民健康保険資格喪失後に受診することの無いよう、十分ご注意ください。)    

・年度内に2回以上受診された場合  

・受診券の有効期限以降に受診された場合

(2) 実施期間中に75歳になられる方(昭和19年9月1日から昭和19年11月30日生まれの方)は、特定健康診査の有効期限が誕生日前日までとなります。また、今年度の後期高齢者健康診査の対象とはなりませんので、有効期限内に特定健康診査をご受診ください。   

 

特定保健指導

 桑名市国民健康保険加入者対象の特定健康診査の結果から、メタボリックシンドロームに該当または予備群と判断された方には後日、メタボリックシンドロームを予防・改善するための特定保健指導のご案内をします。より健康になっていただくために、ご自身が実践できる目標を選び、継続的に実施していけるような支援を受けていただくことができます。

※服薬中の方は、継続的に医療機関を受診されているため、原則的に特定保健指導の対象にはなりません。