医療・介護・福祉に携わる多職種を対象とした、『対人コミニュケーションの基礎~ACPを視野に入れて』をテーマとし、令和元年度 在宅医療・介護連携支援事業多職種連携講演会を開催しました。医師、歯科医師、薬剤師、看護師、医療相談員、ケアマネジャー、保健師、言語聴覚士、地域包括支援センター職員などおよそ100人の参加がありました。 

日時

 令和元年7月5日(金曜日)午後1時30分から午後4時まで 

場所

 桑名市パブリックセンター 大研修室 

開催状況 

 日本ケア・カウンセリング協会 代表理事 品川 博二 氏をお招きし、「対人コミュニケーション」をテーマに、ACPに関わる治療や療養場所の話をするときに必要な、対人コミュニケーションの基礎についてご講演いただきました。

 【開催案内】令和元年度 在宅医療・介護連携支援事業多職種連携講演会 [358KB pdfファイル] 

当日の様子

○講演会の様子 

 

 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>