新春企画展「書院の茶と草庵の茶」のご案内

寺院から発祥した喫茶は、寺院の書院の茶から利休らの草庵の茶へ、そして、大名の茶へと発展し、明治以降は庶民の茶となりました。茶道具を通して、書院の茶と草庵の茶の雰囲気をお楽しみください。

 

 

 

新春企画展

 

書院の茶と草庵の茶

 

期間

令和2年1月11日(土曜日)から2月16日(日曜日)

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)

開館時間

午前9時30分から午後5時まで
(入館は午後4時30分まで)

入館料

高校生以上 150 円、中学生以下無料

展示解説

1月19日(日曜日)、2月1日(土曜日)
いずれも午後1時30分から。予約不要。

 

主な展示作品

 千利休消息(桑名市博物館蔵)

 呂宋真壺(桑名市博物館蔵)

 古萩割高台茶碗(桑名市博物館蔵)