保育施設における新型コロナウイルス感染症の対応について

休園の基準と期間

・お子さんや保育施設職員が、新型コロナウイルス感染症のPCR検査にて「陽性」と判断された場合、市が休園の判断をします。

・期間は、最後の登園をした日の翌日から2週間を目安とします。

 

公表の基準

・お子さんや保育施設職員が、新型コロナウイルス感染症のPCR検査にて「陽性」と判断された場合、保護者宛の公表を行う。(私立保育施設は各施設から行う)

・濃厚接触者となった場合やPCR検査中の場合は公表の対象ではありません。

・公表にあたり、個人が特定できる情報は使わない等、人権に配慮します。

 

こんなときは

・お子さんや保護者の方が、濃厚接触者に特定された場合、PCR検査を受ける場合や新型コロナに感染したことが判明したときは、速やかに保育施設にご連絡ください。

・お子さんが濃厚接触者に特定され、感染した場合は、治癒するまで登園停止とします。

・休園中の保育については、市と保育施設が協議します。

 感染拡大防止のため、ご理解・ご協力をお願いいたします。

保育施設における新型コロナウイルス感染症の対応について 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>