ネーミングライツ・パートナーによる地域貢献活動の紹介

 桑名市では、市の施設をネーミングライツ等として活用することで、市の新たな財源を確保するとともに、民間企業等の皆様とのパートナーシップによる企画提案により、市民サービスの向上及び地域経済の活性化を図ることを目的として、「公民連携ネーミングライツ・パートナーシップ提案制度」を実施しています。

ネーミングライツ導入のメリット

(1)PR効果

  本市の施設に愛称(パートナー名・商品名等)を表示することにより、市が行う周知・広報活動や、メディアによる報道等を通じて、幅広いPRが期待できます。

(2)イメージアップ効果

  地域貢献企業として、企業ブランドや商品価値のイメージアップに繋がります。 

ネーミングライツ・パートナーシップの募集

随時募集を行っております。募集要項などについての詳細はこちらをご覧ください。

 

 ネーミングライツ・パートナー企業の取組 ※随時更新

【平成29年度】

○NTNシティホール清掃活動 [280KB pdfファイル] 

○NTN回る学校【平成29年8月9日開催】[201KB pdfファイル] 

【平成30年度】

○NTNシティホール清掃活動 【平成30年5月17日実施】[197KB pdfファイル] 

○柿安コミュニティパーク清掃活動 [275KB pdfファイル]  

○柿安コミュニティパーク フライングディスクサークル活動(リンク先:株式会社柿安本店ホームページ)

◯柿安コミュニティパーク くわな塾はなうたマーケット【平成30年11月10日・11日開催】 [195KB pdfファイル] 

○NTNシティホール清掃活動【平成31年1月13日実施】.pdf [190KB pdfファイル]  

○ヤマモリ体育館 桑名市主催スポーツ行事への商品提供(1).pdf [123KB pdfファイル]  

○ヤマモリ体育館 桑名市主催スポーツ行事への商品提供(2).pdf [112KB pdfファイル] ←New!

  

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>