市が行う個人情報の保護

桑名市では、市長、教育委員会、公平委員会、農業委員会、固定資産評価審査委員会、監査委員、消防長、議会を個人情報保護を行う実施機関として条例で定めています。

  1. これらの実施機関が保有する個人情報ファイル(個人情報が記載された公文書)の名称、利用目的、記録項目等を示す「個人情報ファイル届出書兼目録」を閲覧できるようにしています。
  2. 市が個人情報を収集するときは、その目的を明確にし、
    必要な範囲で原則として本人から収集します。
    なお、思想・信条・信教などに関する情報は原則として収集しません。
  3. 市は、原則として個人情報をその事務の目的以外に利用や提供したりしません。
  4. 市は、保有する個人情報を適正に管理し、安全確保のために必要な措置を講じます。
  5. 市は、必要な範囲内で個人情報を正確かつ最新の状態に保つように努めます。
  6. 市は、保有の必要がなくなった個人情報を確実かつ速やかに消去します。
  7. 条例に違反して個人情報を不正に利用したり、提供した場合には罰則の適用があります。