公職選挙法が改正され、インターネット等を利用した選挙運動のうち、一定のものが解禁されることになりました。

しかし、インターネット等を利用した選挙運動には禁止される行為があり、違反すると処罰されることもあるため注意が必要です。

詳しくは、インターネット選挙運動の解禁に関する情報(総務省のホームページへ)。