【1日】地方独立行政法人桑名市総合医療センターの新理事長に前三重大学医学部付属病院の竹田先生が就任し、桑名東医療センターで就任式が行われました。竹田先生には、三重大学との連携を図り、桑名地域の中核病院となるよう頑張っていただきたいと思います。

 

「就任式の様子」 

 

【2日】大和幼稚園内に学童保育所「あおぞら」が完成し、開所式を行いました。この「あおぞら」は、公設としては市内で8番目、本市では、幼稚園を利用した学童保育所は初めてです。学童保育所は、子育てと仕事の両立に欠くことができないものとしてニーズが高く、登録児童も年々増加しています。今後も、新たな学童の開設や運営に対する支援など、関係機関と連携して取り組んでいきたいと考えています。 

 

「開所式の様子」

 

【5日】桑名地域医療シンポジウムを市民会館で開催しました。最初に桑名市総合医療センターの竹田新理事長から基調講演をいただいた後、「総合医療センターと地域の医療機関等との連携」をテーマに三重大学学長、桑名医師会会長さんらとパネルディスカッションを行いました。当日は、多くの皆さんに来ていただき、大変感謝しています。

 

「シンポジウムの様子」

 

【8日】8月に盛岡市で開催されました「福祉機器コンテスト2013」で、自助具工房くわなの栗田さんが製作した、ふきん絞り器「絞るチャン」が見事優秀賞に輝きました。その作品をもって、栗田さんらが市役所に受賞報告に来てくれました。その作品は、市役所1階のロビーに展示させていただきますので、是非一度ご覧ください。

 

「受賞報告の様子」

 

【12日】関西三重県人の集いが、大阪市のシェラトン都ホテルで過去最高の約320人の出席のもと、盛大に開催されました。場内には県産食材をアピールするブースが設けられ、三重県出身者の方々に大変喜んでいただきました。また、今回、はじめて県内からキャラクターが集まり、桑名市からもゆめはまちゃんが参加して、会場を盛り上げていました。

 

「集いの様子」

 

【13日】秋晴れのもと、長島運動公園グラウンドで長島町体育大会が行われました。今日は、皆さんには、気軽にたくさんの競技に参加していただきたいと思っています。そして、地域のコミュニケーションを図られ、1日怪我の無いよう楽しく朗らかに過ごしていただき、明日への活力にしていただきたいと思います。

 

「運動会の様子」

 

【13日】サンシティ星川で、くわな楽市が2日間開催されました。この楽市も今年で3回となり、秋のイベントとして、市民の皆さんに定着してきました。今回は、「桑名のええもん大集合」ということで、ハマグリをはじめ、地元農産物やくわなめしなど、これまでにも増して桑名の魅力満載のブースが数多く出店され、多くの市民の皆さんで賑わっていました。

 

「楽市の様子」

 

【14日】市民会館で「がん予防イベント」を開催しました。現在、ガンは日本人死因の第1位です。一昨年の統計によりますと、男性の4人に1人、女性の6人に1人がガンになっており、今後も増加傾向が予想されています。ガンを減少させるためには、生活習慣の見直しとガンの早期発見と早期治療が大切です。市では、このようなイベントを通じて、今後も食生活の改善と検診の大切さについて啓発を続けていきたいと思います。

 

「がん予防イベントの様子」