【19日】くわなメディアライヴで、くわな市民大学「COOL KUWANA戦略 街をデザインする」と題した特別企画講座が行われました。最初に名古屋工業大学大学院伊藤准教授から基調講演をいただいた後、伊藤先生と「まちのブランド化」について対談を行いました。平成26年度をブランド元年とする桑名市としては、大変良い機会となりました。

「対談の様子」

 

 【24日】26日に東京で開催される第7回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会に出場する選手の皆さんが出場報告に来てくれました。皆さんは、昨年開催された各空手道大会で優秀な成績を収め、全国大会の切符を手にしました。この勢いで、優勝をめざして、頑張って来てください。 

「出場報告の様子」

 

【25日】桑名北ロータリーさんと障害者団体連絡協議会さんによる「カローリング大会」が、総合福祉会館で開催されました。カローリングは、氷上のスポーツ「カーリング」からヒントを得て、約20年前に誕生したスポーツで、お子さんからご高齢の方まで楽しむことができるインドアスポーツです。本日は、高齢者の方と障害のある方が同じチームで、共に競技されますので、チームスポーツの素晴らしさ感じていただき、楽しい一日を過ごしていただきたいと思います。 

「大会の様子」

 

【26日】多度大社で恒例の「追儺祭」が開催されました。昨日から雨が降り、天候が心配されましたが、多くの方にお集まりいただきました。この大祭で厄を払い、今年が皆様にとっても、また、桑名市にとっても、よりよい年になることを願っています。 

「追儺祭の様子」

 

 【26日】多度町にNPO法人「桑名失語症渡しの会」による作業所が完成し、開設式が行われました。この施設は、桑名市をはじめとする失語症の方々のご相談や、能力向上のための作業や訓練など行います。今後、障害のある方が、地域で安心して生きがいをもって暮らしていただける施設として、運営活動していただけるものと期待しています。

「作業所での様子」

 

【26日】総合運動公園で第46回桑名市民駅伝大会が開催されました。今年の大会は風の強い日でしたが、天候には恵まれましたことから、56チームの皆さんが参加されました。選手の皆さんには、日頃の練習の成果を十分に発揮していただき、順位もさることながら、お互い競い合う中で、親睦・交流を深める機会としていただきたいと思います。 

「市民駅伝大会の様子」

 

【30日】第25回MOA美術館全国児童作品展書写の部で、内閣総理大臣賞を受賞した益世小学校6年の岡村かがりさんと銅賞を受賞した益世小学校4年生の岡村ひなたさんが、受賞報告に来てくれました。2人の作品は、全国から応募された約45万2千点の中から選ばれました。本当におめでとうございました。

「出場報告の様子」