【1日】大相撲名古屋場所で鎮国守国神社に宿舎を構える、峰崎部屋の峰崎親方と幕内力士の荒鷲関らがあいさつに来てくれました。早朝から稽古に励み、13日に初日を迎える名古屋場所に備えています。みなさんのご健闘ご活躍を期待しています。

(親方・力士との記念撮影の様子)

 

【1日】県サッカー選手権大会で優勝し、県代表として天皇杯全日本サッカー選手権大会に出場する「ヴィアティン桑名」の監督・選手が優勝報告に来てくれました。天皇杯1回戦では京都府代表と対戦しますが、ひとつでも多く勝ち進んでほしいですね。

(監督・選手との記念撮影)

  

【4日】桑名駅前で青少年の非行・被害防止の街頭啓発活動を行いました。毎年7月は、「青少年の非行・被害防止全国強調月間」です。本市でも、青少年の健全な育成のために、皆様に協力をいただきながら取り組んでいきたいと思います。

 (青少年の非行・被害防止を呼び掛け)

 

  【5日】赤須賀魚港で漁業まつりが行われました。まつりでは、ハマグリやシジミなどの販売に長蛇の列が作られ、人気の高さを実感しました。こうした桑名の「本物」を全国に広めていきたいと思います。

 

(賑わいを見せる会場)

 

【7日】旬感みえの第2回放送を三重テレビで行いました。今回は、主に花火大会と石取祭についてPRしました。放送では、花火の2尺玉の見本で大きさを実感していただき、同席された石取保存会の方には、まつりで使用する「鉦」を叩いていただきました。皆様も桑名の夏をお楽しみください。

 

  (三重テレビにて)

 

 【7日】名古屋市東区のオアシス21で行われた、七夕イベントに参加しました。このイベントは東日本大震災の復興を願うイベントで、「幸せを運ぶ」といわれる桑名の連鶴を折る催しが行われました。羽根の部分にメッセージが書き込まれた連鶴は、8月に開かれる仙台七夕まつりで展示されます。

  (桑名の連鶴をPR)

 

 【11日】イオン桑名ショッピングセンターで、夏の交通安全県民運動出発式が行われました。夏はレジャー等で外出される機会も多いと思いますが、交通ルールを守り、安全運転を心掛けていただきたいと思います。

 

(交通安全を呼び掛け)

 

【13日】鈴鹿市県消防学校で、三重県消防操法大会が行われました。桑名方面第6分団もポンプ車操法で参加し、日頃の訓練の成果を発揮して、機敏な動きでホースを操作していました。惜しくも優勝は逃しましたが、皆さんの健闘を称えたいと思います。

 (第6分団の皆さんと)