【16日】二代目桑名はまぐり大使の就任式を東京都の三重テラスで行いました。二代目は、あたりまえ体操で有名な人気お笑いコンビ「COWCOW」のお二人です。今後、桑名産のおいしいはまぐりをどんどんPRしていただきたいと思います。

 (COWCOWのお二人と)

 

 【17日】第18回アジアマスターズ陸上選手権大会のM55(55から59歳のクラス)800m競争で優勝された山住泰夫選手が、伊藤透選手とともに優勝報告に来てくれました。優勝は日頃のトレーニングの賜物だと思います。これからも頑張ってください。

 (伊藤透選手(左)、山住泰夫選手(右)と)

 

 【17日】第68回全日本体操団体選手権大会に出場する田中康久さんが来てくれました。田中さんは、陽だまりの丘にある「相好体操クラブ桑名教室」で日々厳しい練習を重ねて全国大会出場を決めました。全国大会でも上位入賞をめざして頑張ってください。

 

 (後藤俊介コーチ(左)、田中康久選手(右)と)

 

  【17日】市民会館で戦没者追悼式を行いました。戦後69年が経過しますが、戦争の教訓を風化させることなく次の世代に継承することが必要です。先の大戦で犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、改めて世界平和を誓いたいと思います。

 (追悼式でのあいさつ)

 

 【17日】精義小学校で児童と一緒に給食(ふるさと発見ランチ)をいただきました。ふるさと発見ランチは地元の食材を取入れた給食で、今回はうどんの具材として桑名産のしいたけが使われていました。おいしい給食を食べながら桑名産の食材の良さを知っていただく機会になればと思います。

 (児童たちと一緒に)

 

 【18日】桑名駅東ロータリー周辺で行われた「くわなエキトピア2014」に行ってきました。今年は「食のまち桑名」がテーマになっていて、ハマグリやタケノコなどの特産品を販売するブースや多彩な飲食店が出店されていました。この日は天候にも恵まれ、たくさんの人が繰り出していました。

 (あいさつの様子)

 

 【18日】「桑名まつり博」が桑名別院本統寺周辺で行われました。昨年までの御台所祭に代わるイベントで、石取祭の祭車と金魚まつりの神輿の競演が見られました。鉦や太鼓をたたいたり神輿を担いだりの体験もでき、桑名が誇る伝統の祭りを深く知っていただけたと思います。

 (あいさつの様子)

 

 【20日】中央公民館で行われた「くわな鋳物料理コンクール」に審査員として参加しました。相可高校調理クラブのメンバーが、桑名で製造された鋳物のごはん釜を使って創作料理の腕を競い合うもので、メンバーの独創性と甲乙つけがたい料理の出来栄えに驚きました。

 (審査している様子)

 

  【23日】第1回全日本ユース(U-18)フットサル大会で準優勝した名古屋オーシャンズ所属の水谷颯真選手が報告に来てくれました。フットサルとは少人数で行うサッカーに似た競技で、基本的に屋内で行います。今回の準優勝を自信に、一層の飛躍を期待しています。

 (水谷颯真選手と)

 

 【26日】国立木曽三川公園カルチャービレッジで行われた「水郷フェスタ2014」に行ってきました。輪中ドーム内ではフリーマーケットやプラレール運転会等が行われ、屋外でも白バイ・パトカーの展示等をはじめさまざまなイベントが企画されていました。私も楽しい時間を過ごさせていただきました。

 (あいさつの様子)

 

 【26日】桑名市博物館で入館者90万人達成のセレモニーを行いました。記念すべき90万人目は岐阜市からお越しになった黒田英嗣さんで、現在開催中の和紙の企画展を見に来られました。今後も皆様に楽しんでいただけるように幅広い展示を企画していきたいと思います。

 (記念撮影)

 

 【27日】中央図書館の新サービスを視察してきました。正面入口に設置してあるピクセルビジョンは、タッチパネル式の操作で桑名の映像を大画面で楽しむことができます。また、約1分で本の殺菌や消毒ができるブックシャワー等も設置しました。皆様も是非中央図書館にお越しください。

 (ピクセルビジョンを前に)

 

 【27日】平成26年度防火ポスター表彰式を消防本部で行いました。小中学生によって描かれたポスターは、斬新な発想と構図によって火災予防を訴えていました。今回表彰されたポスターを11月13日から24日までイオン桑名店で展示しますので皆様も是非ご覧ください。

 (表彰式の様子)

 

 【28日】第69回国民体育大会ゴルフ少年男子で2位入賞を果たした津田学園高校3年の加藤勇希さんが報告に来てくれました。最終日は台風通過で強風が残る難しいコンディションの中、スコア70で単独の準優勝でした。今後のさらなる活躍に期待したいですね。

 (加藤勇希さんと)

 

【30日】多度町にある就労継続支援A型「すずらん農園」を視察してきました。通所者の方々が自然とふれあいながら農作業に汗を流して、大きなカブやホウレンソウなどを収穫・仕分けしていました。先日、作物を出荷するための新しい建物も完成し、皆様の仕事がより充実する農園になると思います。

 

(カブを収穫する様子)