【16日】桑名シティホテルで桑名三川商工会の新春賀詞交歓会が行われました。桑名三川商工会さんは「多度山トレイルラン」など、さまざまなイベントを企画され地域の活性化にご貢献いただいています。当日は、商工会の関係者約110人が集まり、地域経済の発展を誓いました。


(鏡開き)

 

【17日】市民会館で「桑名地域小児在宅医療講演会」を開催しました。在宅医療は、住み慣れた地域で必要な医療等を受けながら安心して暮らすために必要なものです。これを機に小児在宅医療の課題や今後の取組みについて考え、子どもたちにとって住みよい桑名にしていきたいと思います。


(あいさつの様子)

 

【18日】長島町沖で黒海苔の養殖場を視察してきました。早朝の寒い中「潜り船(もぐりせん)」と呼ばれる専用の船を使い、成長した海苔を摘み取っていました。1回の出航で約3万枚から5万枚分の海苔が採れ「桑名海苔」ブランドとして出荷されます。


(海苔の摘取作業)

 

 【22日】神戸国際展示場で行われた「全国サンダルフェア」を視察してきました。桑名の履物作りは明治初期からの歴史があり、良質な素材にこだわった手作りの製品として、大量生産する大手メーカーにはない良さを生み出しています。桑名サンダルを履いたことがない方は、是非一度使ってみて良さを実感してもらえればと思います。

 
 (桑名サンダル履物協同組合理事長の松井信行さんと)

 

【24日】桑名市総合福祉会館で桑名北ロータリークラブ主催のカローリング大会が行われました。カローリングとは氷上のカーリングからヒントを得た室内競技で、互いに円盤を滑らせて得点を競うスポーツです。私も参加させていただき競技を楽しみました。

 
(競技に参加)

 

【25日】多度大社で恒例の追儺祭(ついなさい)が行われました。追儺祭では特別豆撒きがあり、多くの方が福豆をもらいに集まり厄落としをしていました。私も豆を撒きながら、桑名にとってすばらしい1年になることを願いました。

 
 (豆撒きの様子)

 

【26日】桑名市総合運動公園の愛称が「NTN総合運動公園」に決まり、命名権者であるNTN(株)桑名製作所様と調印式を行いました。総合運動公園は昨年本格的なサッカー場も完成し、テニスコートや運動場等の施設もあり、桑名のスポーツを盛り上げる場所となっています。4月1日からは「NTN総合運動公園」の愛称になりますので、皆様のご利用をお待ちしています。

 
(調印式にて)

 

【31日】市民会館で「桑名市成年後見制度推進シンポジウム」を開催しました。成年後見制度は、物事の判断能力が十分でなくなった方に代わって財産の管理や契約などを支援する制度です。桑名市としても、高齢者や障害者の皆様が安心して住めるまちをめざし、課題に取り組んでいきたいと思います。

 
 (あいさつの様子)