【16日】長良川右岸で行われたNPO法人木曽三川ゴミの会の「木曽三川クリーン大作戦」に参加しました。会員をはじめ、地元企業など多くの関係者が参加し、上流から流れ着いたペットボトルや空き缶などを拾い集めました。ひとつひとつのゴミは小さくても集めると大量(今日は2t車3台分)になります。皆様もゴミの投げ捨ては絶対にやめましょう。

(集めたゴミを前に)

 

【17日】平成27年市議会3月定例会を前に記者会見を行い、平成27年度当初予算案や条例改正案など53議案を提出することを発表しました。当初予算案には「新病院整備」「公共施設マネジメント」などを盛り込み、一般会計は前年比5.5%増で初の500億円台となり、特別会計・企業会計を合わせると総額952億3,712万円になります。

(記者会見の様子)

 

【17日】桑名市特別職報酬等審議会から、市長・副市長の給料と市議の報酬について、国の経済情勢や市の厳しい財政状況を踏まえて、現行月額を据え置くとの答申を受けました。今後も桑名市の発展と皆様が住みやすいまちにするために、取り組んでいきたいと思います。

(横井敬之会長と)

 

【18日】市役所内で4月から自衛隊に入隊入校する皆様の激励会を行いました。桑名市からは10名の入隊と2名の入校が予定されています。皆様には初心を忘れずに訓練・勉学に励み、日本のために頑張っていただきたいと思います。

(集合写真)

 

【18日】名古屋大学で行われた「道路メンテナンスセミナー」に参加しました。日々車両が走行する道路や橋は、きめ細かい点検作業が必要です。皆様の安心・安全のため、日頃から点検やパトロールを行い、事故の未然防止を図ります。

 

(打音検査の実習)

 

【20日】特許庁の地域団体商標に「くわな鋳物」が登録され、県鋳物工業協同組合の皆様が報告に来られました。鋳物は桑名の地場産業の一つで、江戸時代からの歴史があります。今日の商標登録により、桑名の「本物」としてますます知名度が上がることを期待しています。

 

(県鋳物工業協同組合の皆様と)

 

【22日】市民会館で「食物アレルギーについて考えるパート1」が開催されました。「食の要援護者」である食物アレルギーを持つ子どもたちのために、災害時における支援物資の備蓄ついて考え、非常時に必要な食品が入手できるよう取り組んでいきたいと思います。

 

(あいさつの様子)

 

【22日】多度公民館で「第62回多度大社奉納書初め大会表彰式」が行われました。今年は幼稚園児から一般の方まで2,677点が奉納されました。最近はパソコン等の普及から筆を持つ機会も減りつつありますが、やはり書道は日本の伝統芸術だと思います。受賞された皆様、本当におめでとうございます。

 

(表彰式)

 

【22日】総合福祉会館で「市民活動応援☆きらきら基金第5回助成事業」が開催されました。企業や市民の社会貢献活動を応援するこの事業では、企業が社会貢献活動を発表し、市民団体の皆様が活動成果を報告しました。私が参加した円卓会議では「地域の外から、資源を市民活動に呼び込むには」をテーマに、行政・企業・社会福祉協議会・NPOによる意見交換が行われました。

(円卓会議)

 

【27日】総合福祉会館で行われている「桑名市障害者作品展」を見学してきました。市内の作業所や教室、特別支援学校の児童・生徒の皆様が作られた絵画・生花・書道・手芸・折紙・工作等さまざま作品が展示してありました。すべての作品が趣向を凝らした素晴らしい出来栄えとなっていて、見ていて感動しました。

(作品の見学)

 

【28日】アピタ桑名店で行われた「みえ地物一番キャンペーン みえの育児男子が作る!三重いちごのひな祭りデザート」に参加しました。イベントでは、鈴木三重県知事や「ファザー・オブ・ザ・イヤーinみえ」の第1回大賞に選ばれた男澤さんと一緒に、三重県産いちごの白玉入りデザートを作り、来店客にご賞味いただきました。

(デザート作り)