実施日

平成27年3月14日(土曜日) 午前9時30分から11時35分 

実施場所

大山田公民館

会議次第

開会

市長あいさつ

【一部】“本物力こそ、桑名力。”~ブランド元年と新しい総合計画について~(市長)

【二部】地域医療の現状について(豊田鈴鹿医療科学大学学長)
桑名市総合医療センターについて(竹田地方独立行政法人桑名市総合医療センター理事長)
桑名の地域医療(加藤保健福祉部理事)
トークライブ:みんなで考える桑名の地域医療
コーディネーター(豊田鈴鹿医療科学大学学長)

閉会

どこでも市長室の内容 

Q:医療センター建設の進捗状況をお聞きしたいです。いつになったら医療センターが完成するのですか。現状を知りたい。一日も早く開院して欲しいと思っている。市内に高度医療がないので、早く医療センターが建って欲しい。
A:新病院は、本来であれば27年4月にオープンする予定でしたが、現在遅れております。この理由は、建設業の状況が非常に大きく変わってきたことによるものです。東日本大震災に伴い、多くの建設事業者が震災復興のために日本中から東北に行っています。また、2020年の東京オリンピックに向けた建設需要もあり、公共事業に携わる人が少なくなっています。さらに、東海地方では名古屋駅でビルの建設が7本もあるため、他の仕事をする職人さんを手配ができない状況が続いています。このため、医療センターの建設に向け三度入札しましたが、全て不調となりました。ただ、発注方法を変更して事業者に参加しやすい形で募集を進めた年末の三度目の入札では、初めて事業者から応募をいただきましたので、現在、事業者の方々と協議をさせていただいております。市としては、皆さんの期待に応えられるよう、総合医療センターの建設に向けて取り組んでおりますのでご理解をいただきたい。

Q:地域医療センター間で診療科目の連携をとってほしい。
A:現在、東・西・南の医療センターで別々に運営しておりますが、内科循環器・消化器・整形外科などの診療科では、各医療センターの先生方が一緒になって仕事の分担など連携に取り組んでいます。また、近隣病院との連携では、いなべ総合病院・ヨナハ総合病院とは、産婦人科において連携を取りつつあります。今後は、より連携を図っていきたいと思っています。

Q:夜間・休日の小児医療の充実。これからの桑名市を担う世代が安心する医療体制の設立
A:三重大学の小児科医師も充分ではないところですが、小児科の教授からは、新病院の完成後は全面的に応援すると言われています。医療センターとしては、三重大学になるべく早く、前倒しで医師を派遣していただけないかお願いしているところです。

Q:各地域包括支援センターの充実はどのように考えていけばよいのでしょうか。地域包括ケアシステムが実際に始まっているのであれば、往診や訪問介護・生活支援といった現状の活動状況を教えて下さい。定期巡回や随時対応サービスは、人員確保も難しく、コスト高になって経済的に破たんするという専門家も多い。桑名市ではこれらの現場に対し、どのように対応していくのか。
A:平成27年度から、星見ヶ丘地区を西部地域包括支援センターから北部西地域包括支援センターに変更し、担当される65歳以上人口及び75歳以上人口を平準化します。新たな事業に対応するために、新しい「介護予防・日常生活支援総合事業」、「在宅医療・介護連携推進事業」、「認知症施策推進事業」などを重点的に進めていきたいと考えています。地域住民を主体とした「サポーター」や「通いの場」の創出に向けて、様々な機会を通じて、地域住民の方へ意識の共有を図るよう取り組んでいます。定期巡回や随時対応サービス施設は、夜間でも在宅の方を診療してもらうための施設をいい、桑名は充実しています。具体的には、何かあれば施設に入る複合型サービスは陽だまりの丘で行っています。ステーションがあり何かあればヘルパーが駆けつける定期巡回型随時対応サービスは長島で行っています。市では24時間対応できる施設をこれから各包括圏内に作っていきたいと考えています。

Q:大山田・筒尾・松ノ木地区は約13,000人の人口があり、5年程前までは診療所・内科が3ヶ所ありましたが、今ではゼロとなりました。市は高齢者の要介護者を作らないことを進めているが、高齢者が健康で生活するためには相談できる主治医が要る。何か良い方法がないかお尋ねしたい。
A:行政がどこまでできるのか非常に難しい部分はありますが、まずは新病院を建設することにより、桑名で二次救急を完結できる医療体制ができますので、医師会にもご協力をお願いし、地域のかかりつけ医となる診療所を誘致する活動ができると思っています。

Q:病院建設に議会の協力があったが、反対に市が病院にカネを出さなくなることはないのか。良い医療を提供するためには病院職員を疲弊させてはならない。
A:市から病院への支援体制については、現在、イニシャルコストである建設費の協議をしています。また、ランニングコストである毎年市がどれだけお金を出していくのかについては、市が歳入する交付税の基準内繰入額をそのまま病院に繰り出す事を病院側と合意しており、市側が勝手に繰出金を削減することはできないという形にしています。病院側には安心してこの地域の基幹病院として頑張っていただけるような体制になっていると思っています。
新しい病院がいつできるのか分からない状況の中で、病院職員の疲弊感が強く感じられたことから、現場で働く職員に聞き取りを行い、問題の把握に努めるとともに、是正に向けて取り組んでいます。新病院の労働条件と経営との両立は極めて難しいマネジメントになります。上手にバランスが取れるように、独立行政法人評価委員会としてもその点を留意して評価していきたいと思います。

Q:竹田先生のお話で総合医療センターにすごいスーパードクターがみえることや、周産期医療が充実していて産婦人科が良いというのは、多くの市民は知らないと思う。情報をもっと市民に発信してもらいたい。市ホームページのトップページへの掲載や、市広報の医師紹介ページを充実するなど、広く市民に情報発信してもらいたい。広報誌を施設に置くだけでなく、回覧板に挟んでもらったら良いと思う。
A:広報活動は非常に大事であると思っております。医療センターでは、現在、新しいホームページを作成しており、6月には新しくなります。また、月1回の桑名市総合医療センターニュースでは、新しい情報をどんどん入れていこうと思っております。市としても、従来の市広報のスタイルだけではなく、民間のいろんな広報のスタイル、フリーペーパーやテレビなどを使わせていただいて、病院についての様々な発信をしていきたいと思います。