【18日】三重テレビの情報番組「旬感みえ」に出演しました。昨年から数えて7回目となる今回は、七里の渡しにある伊勢国一の鳥居建て替えに関するイベントを主に紹介しました。20年に一度の一大イベントで「お木曳」「竣工式」を説明しながら直前に行われた「結団式」の様子を放送しました。これからも桑名の情報をどんどん発信していきます。

(三重テレビにて)

 

【18日】宅配便を活用した小型家電回収を行っているリネットジャパン(株)様とリサイクルに関わる協定を締結しました。現在桑名市では、市内2か所に回収ボックスを設置し9品目に限り回収を行っていますが、今回の協定締結により回収品目が大幅に増え、さらにリサイクルが進むものと思います。

(リネットジャパン(株)の黒田武志社長と)

 

【21日】桑名東医療センターで「第21回生命の駅伝出発式」が行われました。がん研究を支援するこのイベントは、県内の市町村を走りながらがんについての知識や研究の大切さを伝え、募金活動を行っています。このイベントを通して、がん患者の皆様をサポートする体制が、より一層整うことを期待しています。

(出発式)

 

【24日】長島運動公園で水防訓練を行いました。日本最大の海抜ゼロメートル地帯を抱える木曽三川下流域では、日頃の「水」への備えは大切なため、参加者も真剣な表情で取り組んでいました。こうした訓練を積み重ね、万が一の災害に備えたいと思います。

(訓練の様子)

 

【25日】桑名市民農業塾「7期生」の修了式を行いました。塾生の皆様には、講義や実習の中で作物を育てる楽しさや収穫する喜びを学んでいただけたと思います。農家の高齢化や後継者不足の対策として、このような取り組みを今後も続けていきたいと思います。

(修了式)

 

【27日】菰野町の幼児園「森の風ようちえん」を視察してきました。この幼稚園の周りには山や川や田んぼなど自然が広がり、子どもたちが屋外でのびのびと遊べる環境にあります。自然と触れ合いながら成長できる素晴らしい環境だと思いました。

(視察の様子)

 

【29日】中小企業庁の「がんばる中小企業・小規模事業者300社」に選ばれた、エバ工業(株)の中村研社長とサンジルシ醸造(株)の佐藤強社長が報告にみえました。経営の信頼性・技術力で世界的トップメーカーに納品し売り上げを拡大した取り組みや、伝統的な溜まり醤油の積極的な海外販売増強により経済活性化に貢献した取り組みが、両社の選定理由となりました。今後も地域経済の活性化のため頑張っていただきたいと思います。

(中村研社長(左)、佐藤強社長(右)と)

 

【30日】市民会館で「平成27年度全国山・鉾・屋台保存連合会総会桑名大会」が行われました。国の重要有形・無形民俗文化財の指定を受けた山・鉾・屋台とともに、祭りや行事を後世まで伝えていくため、全国から参加者が集まりとてもにぎやかな大会となりました。今後はユネスコ無形文化遺産への登録をめざしたいと思います。

(石取囃子を披露)

 

【31日】七里の渡しにある「伊勢国一の鳥居」の20年に一度の建て替えを前に、市内外から約1,600人の参加のもと「お木曳行事」が行われました。今回の行事は伊勢の皆様の全面的なサポートのもと、伊勢神宮から特別にお借りしました奉曵車で、譲り受けた神宮宇治橋の鳥居を七里の渡しまで曳きました。私も「エンヤー」の掛け声とともに皆様と一緒に楽しませていただきました。

(エンヤー)