●本市では、これまで学校、公民館、スポーツ施設、市営住宅などの公共建築物や、道路、上下水道などのインフラを整備し、運営・管理を行うことで、様々なサービスを提供してきました。

●これら公共建築物やインフラ(以下「公共施設等」)は、1960年代から1980年代にかけて多く整備され、今後の老朽化に伴い、多額の維持修繕、更新費用が必要となります。

●一方で、財政状況は依然として厳しい状況にあり、また、今後、人口減少・少子高齢化等により公共施設等に対する利用者の需要も変化していきます。

●そこで、公共施設等の現状と将来見通しを踏まえ、保有や維持管理の方法などについて、長期的な視点でどうあるべきかを検討し、財政負担の軽減・平準化を図るとともに、公共施設等の最適な配置を実現していくため作成しました。

【参考】平成26年4月に総務省から地方公共団体に対し、公共施設等の総合的かつ計画的な管理を推進するため、速やかに「公共施設等総合管理計画」を策定するよう要請がありました。

桑名市公共施設等総合管理計画【平成26年度版】 [3404KB pdfファイル] 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

 PDF

Adobe Readerをダウンロード>>