【18日】サンシパーク駐車場で行われた「秋の全国交通安全運動出発式」に参加しました。秋の交通安全運動は、「子供と高齢者の交通事故防止」を重点に21日から30日までの10日間行われ、出発式では津田大山田幼稚園児の皆さんによる歌やダンスの披露と、交通安全宣言が行われました。ドライバーの皆様は、子どもや高齢者を思いやる運転を心掛けてください。

(園児の前であいさつ)

 

【18日】ワタミフードシステムズ(株)様および市内3店舗の森永乳業販売店様と「高齢者見守りネットワーク事業協力に関する協定書」の締結式を行いました。この協定書は、これまでも様々な団体や事業所のご協力により締結させていただいており、日常の事業を通じて高齢者の異変等に気付いた場合、市の窓口に通報していただける非常に心強い取り組みとなっています。

(締結式の様子)

 

【19日】長島町総合支所で行われた「国道1号伊勢大橋着工式」に出席しました。伊勢大橋は、昭和9年の完成から東海地区の交通の要として大きな役割を果たしてきましたが、老朽化と交通量の増大による慢性的な渋滞が問題となっていました。この伊勢大橋の架け替えにより、防災・産業・観光など様々な効果が期待でき、北勢地域の更なる発展につながるものと思います。

(着工式の様子)

 

【20日】長島町八幡神社で行われた八幡神社獅子舞(北島獅子舞)を見てきました。八幡神社獅子舞は桑名市指定無形文化財に指定されおり、300年にわたって行われている伝統行事です。八幡神社獅子舞の見どころの一つである「刀舞」は、本物の真剣を使うことから迫力満点で、見物客からも大きな拍手が上がっていました。こうした伝統文化は、今後も皆様の手によって受け継いでいただきたいと思います。

(大迫力の刀舞)

 

【22日】多度町西福永集会所で行われた「西福永祭車新調披露式」に招かれました。内母神社の石取祭は桑名市の無形民俗文化財に指定されており、地域の皆様によって支えられ親しまれている祭りです。新しい祭車で参加する今年の祭りは、皆様も新たな気持ちで盛り上がると思います。

(新祭車を背に)

 

【23日】福島県会津若松市で行われた、会津まつり「会津藩公行列」に参加しました。この藩公行列は、武者や大名などに扮した人々が市内を練り歩き、随所でパフォーマンスを繰り広げながら壮大な歴史観を見せてくれます。私も京都所司代・桑名藩主として馬に乗り、まつりを楽しみました。

(馬に乗って参加)

 

【24日】アピタ桑名店様および市内3店舗のピアゴ様と「高齢者見守りネットワーク事業協力に関する協定書」の締結式を行いました。支援を必要とする高齢者を早期に発見して窓口に通報していただけるこの取り組みは、様々な団体や事業所のご協力により締結させていただいており、アピタ様・ピアゴ様との締結は県内では桑名市が初めてとなります。

(締結式の様子)

 

【24日】平成27年度第46回「南・賀屋賞」を受賞された桑名市食生活改善推進協議会の皆様が受賞報告に来てくれました。「南・賀屋賞」は、食生活改善による健康づくり活動に貢献された推進員とその団体・関係者に贈られる名誉ある賞で、長年による活動や実績が評価され、県内では2番目の受賞となりました。今後も様々な事業を通じて市民の皆様の食生活をサポートしてください。

(桑名市食生活改善推進協議会の皆様と)

 

【24日】「第8回BFA(アジア野球連盟)U-15アジア選手権」の日本代表メンバーに選ばれた、海星中学校3年(日進小学校出身)の大須賀健祐選手が出場報告に来てくれました。大須賀選手は身長180cm体重75kgの大型左腕投手で、チームの柱として期待されています。大会では、日頃の練習の成果を存分に発揮して優勝をめざしてがんばってください。

(大須賀健祐選手と)

 

【26日】城南地区河川防災ステーションで行われた「伊勢湾台風のつどい」に出席しました。昭和34年9月26日に伊勢湾台風がこの地方で猛威を振るい、市内でも590名の犠牲者を出す大きな被害となり56年が経ちました。犠牲となられた方々のご冥福をお祈りするとともに、市民の皆様が安心して暮らせるように、災害に強いまちづくりに取り組んでいきたいと思います。

(竹灯篭によって浮かび上がる9.26)

 

【29日】「2015フジパンカップ ジュニアサッカー大会東海大会」に出場する大山田サッカースポーツ少年団の選手が出場報告に来てくれました。大山田サッカースポーツ少年団は、県大会で3連覇を達成して東海大会への出場を決めました。東海大会でも練習の成果と実力を発揮し、優勝をめざしてがんばってください。

(大山田サッカースポーツ少年団の皆様と)