【17日】「NPO法人子どもアイデア楽工」の児童の皆さんが、「2016年ジュニア・サミットin三重」の成功を願ってカウントダウンボードを作成し市に寄贈してくれました。制作には2週間ほどかかり、折り鶴や伊勢エビなどとともに各国の国旗が飾り付けられています。カウントダウンボードはイオンモール桑名に設置してありますので、市民の皆様も是非ご覧ください。

(子どもアイデア楽工の皆さんと)

 

【18日】障害者雇用に先駆的取り組む事業所として、「株式会社柿安本店」と「桑名工業株式会社」を表彰しました。両社は障害者の視線に立った雇用環境を整え、社会意識の高い事業所としてハローワーク桑名の推薦を受け表彰させていただきました。今後も障害者の就労支援にご協力をお願いしたいと思います。

((株)柿安本店の祖父江常勤監査役(左)、桑名工業(株)の杉山社長(左)と)

 

【20日】津センターパレスホールで「第9回美し国三重市町対抗駅伝開会式」が行われました。開会式には各市町の選手・監督らが三重が誇る伝統工芸品である「伊賀くみひも」を使ったタスキを受け取り、パフォーマンスを交えながらレースへの意気込みを表明していました。桑名市チームも初優勝をめざしてがんばっていただきたいと思います。

(初優勝めざしてがんばるぞ!)

 

【21日】「第9回美し国三重市町対抗駅伝」が県庁前から伊勢市のスポーツの杜伊勢までの10区間41.695kmで行われました。桑名市チームは序盤からトップ争いに加わり、抜きつ抜かれつの激しい展開を制して9区で先頭に立つと、2時間15分1秒のタイムで初優勝を飾りました。選手・監督・コーチの皆様、おめでとうございます。

(祝!初優勝)

 

【23日】4月から自衛隊に入隊・入校される皆様の激励会を行いました。桑名市からは9名の皆様が入隊・入校を予定されています。今後は厳しい訓練と勉学に励んでいただき、将来の日本のためにがんばっていただきたいと思います。

(入隊・入校される皆様(前列)と)

 

【23日】日本下水道事業団と「桑名市下水道10年概成対象整備区域の管渠整備に関する合意書」の調印式を行いました。全国で初めて自治体と事業団が整備に取り組む「桑名モデル」として、下水道未普及地域の早期解消をめざします。今後は事業団の知識や経験を生かすことにより、これまでの約3倍のペースで整備が進み、下水道の普及率が向上します。

(日本下水道事業団谷戸理事長ほか関係者の皆様と)

 

【23日】先日行われた「第9回美し国三重市町対抗駅伝」で見事初優勝を飾った桑名市チームの監督とコーチが、優勝報告に来てくれました。監督・コーチ・選手の皆様が一丸となって日頃から練習に取り組まれ、初優勝という素晴らしい結果を出すことができました。市役所1階ロビーに優勝カップ・賞状などが展示してありますので、市民の皆様、是非ご覧ください。

(監督・コーチと)

 

【25日】三重県建築士会桑員支部様と「地震災害時の応急対策活動協力に関する協定」を締結しました。この協定は、地震発生時に被災した建物の危険性を早期に判定していただくことにより、災害時の初期体制が円滑に進められる非常に心強いものとなります。今後も「命を守ることが最優先」の考えのもと、皆様が安心して暮らせるまちづくりをめざしたいと思います。

(松宮三重県建築士会桑員支部長と)

 

【25日】「2016年ジュニア・サミットin三重」の支援を目的としてエイベックス株式会社様から貴重なご寄附をいただきました。ジュニアサミットの成功と地域活性化のため、市民の皆様と一体となって取り組んでいきたいと思います。ありがとうございました。

(エイベックス(株)の加藤社長と)

 

【27日】複合施設ぽかぽかで「子どもも自分も楽しくなる、イクメン、イクジイ講座」を開催しました。講師にNPO法人ファザーリング・ジャパン理事の棒田明子さんをお迎えし、子育て・孫育てに参加する男性の役割について、クイズなどを交えながら楽しくお話しいただきました。今後も「こどもを3人育てられるまち」として、安心して子育てができる環境の整備に取り組みたいと思います。

(あいさつ)

 

【28日】多度公民館で「第63回多度大社奉納書初め大会表彰式」行われました。書初め大会には、幼稚園児から一般の方まで全国各地から約2600点が奉納され、数多くの素晴らしい作品に日本の伝統文化を感じることができました。受賞された皆様、おめでとうございます。

(あいさつ)