事業の概要

 桑名市では、平成27年度より民間事業者等ならではのユニークなアイデアやノウハウを活かして、市民サービスの向上や歳入確保につなげることをねらいに、「公民連携広告事業提案制度」を実施しております。

 この度、民間事業者の提案をもとに、平成28年3月7日に市民課窓口に電子番号案内表示機を設置しました。

 順番がきましたら、お客様の番号を番号案内モニターに表示するとともに、音声でお呼び出しいたします。行政情報・広告用モニターでは、市政のお知らせや民間広告、天気予報等のお役立ち情報を放映しております。待合時間にご覧ください。

導入機材

 (1) タッチパネル式番号札発券機         (2) 窓口設置番号案内盤

   

 (3) 行政情報・CMモニター(左)        (4) 番号案内モニター(右)

       

 事業の特徴

  • 市民サービスの向上:わかりやすい案内表示と、待合時間を利用したお役立ち情報を提供します。
  • 歳入確保策民間事業者より収入(契約期間5年)をいただきながら運用します。いただいた収入は、市民サービス向上のために活用します。
  • 市の負担ゼロ:機材の導入及びメンテナンス等の作業はすべて民間事業者が行い、その費用は民間広告の広告料で賄われます。