【17日】東建多度カントリークラブ・名古屋で「第17回桑名スナッグゴルフ大会」が行われました。スナッグゴルフは大きめのボールを使うため、子どもでも楽しめるスポーツとして親しまれ、ゴルフのルールやマナーなど基礎を身に付けることができます。参加者の皆様には、多度の自然を肌で感じながらゴルフを楽しんでいただけたと思います。

(始球式)

 

【18日】市立城東小学校のランチルームで「サミット給食」をいただきました。「サミット給食」とは、サミット参加7か国の食を日替わりで紹介する給食で、本日いただいた給食はイタリアのメニューでした。ミートソースのペンネとタコが入ったイタリアンサラダを児童の皆さんと一緒に楽しくいただきました。

(児童たちと一緒に)

 

【22日】「2016年ジュニア・サミットin三重」が主会場のナガシマリゾートで開幕しました。開会式終了後、G7各国から選出された15歳から18歳の男女各2人、総勢28人の皆さんが「次世代につなぐ地球~環境と持続可能な社会」をテーマに経済格差や気候変動などについて最初の討議を行いました。今後は26日まで市内に滞在し、討議や視察を踏まえた提言を文書にまとめ、27日にサミット議長国の安倍首相に提出する予定です。

(開会式会場で)

 

【22日】ナガシマリゾートで行われた「桑名エキシビション インター・エコフェスくわな」を見学してきました。「桑名エキシビション」は、「2016年ジュニア・サミットin三重」の開催を記念して行われる桑名市独自のイベントで、3日間桑名の観光スポットや伝統文化、市内企業の環境貢献や最新技術を紹介しています。会場には多くの方が来場され、様々な体験やイベントを楽しまれていました。

(NTNソーラーカーのブースで)

 

【23日】「桑名エキシビション インター・エコフェスくわな」のイベント、「高校生ロボット競技大会」をナガシマリゾートで行いました。競技大会には県内7校の高校生10チームが参加され、ロボットを巧みに操ってアメフトを模した競技を行いました。ロボットの素早い動きに観客は見入り、高校生の皆さんの熱気とともに会場は大いに盛り上がっていました。

(表彰式)

 

【23日】「2016年ジュニア・サミットin三重」のG7参加者28名を歓迎する市独自のイベントとして、なばなの里で「KUWANA NIGHT」を開催しました。参加者の皆様には、「日本一やかましい祭り」として有名な石取祭の祭車の鉦や太鼓を打ち鳴らしていただき、焼きハマグリやイルミネーションなど桑名の魅力を十分に楽しんでいただけたと思います。

(盛り上がりを見せる会場)

 

【24日】九華公園野球場で行われた「桑名市長杯争奪少年軟式野球大会」の開会式に参加しました。大会は今日から1ヶ月以上かけて行われます。選手の皆様には日頃の練習の成果を存分に発揮していただき、各チームとも優勝をめざしてがんばっていただきたいと思います。

(開会式での選手宣誓)

 

【24日】「桑名エキシビション インター・エコフェスくわな」の桑名市国際交流事業「ジュニア・サミットinくわな2016」をナガシマリゾートで行いました。交流事業には地元高校生と三重大学留学生らが参加して、桑名の文化や食など5つのテーマについて日本語と英語を交えて討議を行い、「桑名ジュニアサミットユース宣言」をとりまとめました。参加者の皆様には、将来世界へ通用するグローバルな人材として活躍されることを期待しています。

(桑名ジュニアサミットユース宣言)

 

【24日】「2016年ジュニア・サミットin三重」がナガシマリゾートを主会場として開催されることを記念して、ナガシマリゾート農園エリアに平和と希望のシンボルであるオリーブの木の植樹を行いました。桑名という地に世界各国から若者が集まり、世界で起きている様々な問題について話し合えていることをうれしく思います。持続可能な社会を協力して作り上げることの大切さを実感し、未来に向けた大切なメッセージにしたいと思います。

(植樹式)

 

【24日】桑名市総合福祉会館で行われた「明るい社会づくり運動桑員地区協議会定時総会」に招かれました。協議会では、「感謝・奉仕・協調」の理念のもと、日頃から清掃活動やチャリティー募金など様々な地域社会貢献への活動を行っていただいています。今後も皆様の変わりないご活躍によって、地域の絆がさらに深まることと思います。

(あいさつ)

 

【26日】「2016年ジュニア・サミットin三重」の成果発表・送別ランチレセプションがナガシマリゾートで行われました。G7各国の28名が膝を交えてお互いの文化など多様性を理解しながら若者の観点で議論し、世界的な課題に対し意義ある提言をまとめていただきました。世界に向けて桑名の様々な「本物」を知ってもらうための、またとないチャンスであったと思います。

(ジュニア・サミット参加者の皆様と)

 

【27日】「2016年ジュニア・サミットin三重」の参加者の皆様と一緒に安倍首相を表敬訪問し、ジュニア・サミットの成果を報告しました。参加者の皆様がまとめた「桑名ジュニア・コミュニケ(声明)」を安倍首相に提出し、世界各国のジュニア代表からのメッセージを伝えました。この声明を重く受け止め、次世代につなぐまちづくりに努めていくとともに、今回のジュニア・サミットの経験をもとに、ポストジュニア・サミットの取り組みにつなげていきたいと思います。

(安倍首相と桑名市出身の上堀内陸王さん)