【1日】桑名市民農業塾「十期生」の開講式を行いました。市民農業塾は、農業者の高齢化や担い手不足が深刻化している中、市民の皆様が農業に関心を持っていただけるよう、平成19年度より取り組みを行っています。受講生の皆様にはこれから2年間農業を学んでいただき、作物を育て収穫する喜びを感じていただきたいと思います。

(開講式)

 

【2日】伊曽島漁業協同組合の皆様と「市長カフェ」を行いました。伊曽島漁協では、2年前に幻のノリと言われる「アサクサノリ」の養殖に成功しました。「アサクサノリ」の養殖は網を張るタイミングが非常に難しく、上質なノリを漁獲するため、組合員の皆様は日頃から情報交換や研究を重ねています。皆様の努力により復活させた「アサクサノリ」、今後も継続して出荷されることを期待しています。

(市長カフェの様子)

 

【4日】城南・長島・木曽岬の干潟を中心に「桑名地区密漁防止対策協議会合同パトロール」が行われました。桑名のハマグリ等の漁獲量は、赤須賀漁協の皆様が永年に渡り資源管理・漁獲規制等を行うことによって、持続的に保たれています。密漁はこうした漁業者の努力を無駄にする行為であり、パトロールを続けることで密漁の防止につながり、今後も安定した漁獲量を保つことができます。

(あいさつ)

 

【8日】ホテルニューオータニで開催された「第86回全国市長会議」に出席しました。全国市長会は、全国の市長・区長により組織され、今回の会議では「平成28年熊本地震への対応に関する決議」など重要課題7件の決議等を行い、正副会長を通じて国への要請を行いました。今後も全国の市長・区長の皆様と協力して、地方自治の興隆繁栄に努めたいと思います。

(全国市長会議の様子)

 

【12日】金山総合駅連絡橋イベント広場で「西美濃・北伊勢観光サミット観光宣伝キャラバン」を行いました。イベントでは3代目三重県住みます芸人「カツラギ」がMCを務め、西美濃・北伊勢両地域の特産品販売や観光PRなどを行いました。皆様も是非、水と緑と歴史が育む西美濃・北伊勢へお出かけください。

(「カツラギ」と一緒に観光PR)

 

【14日】父の日にあわせて、桑名生花商組合青年部の皆様から恒例のお花のプレゼントをいただきました。今年はアジサイやカーネーションなどを使って、伊勢志摩サミットのロゴマークをイメージしたアレンジメントフラワーと花束をいただきました。いただいたアレンジメントフラワーは、1階ロビーに伊勢志摩サミットで使われた食材のPRコーナーと共に展示しました。

(桑名生花商組合青年部の皆様と)

 

【14日】伊勢志摩サミットの配偶者プログラムで振る舞われたシフォンケーキの提供元である「NPO法人 はあぶ工房 Together」の皆様が、ケーキを持って報告に来てくれました。はあぶ工房は、心の病・精神に疾患がある方々が、ハーブを栽培し製品化・販売することによって社会参加や自立への道をめざしています。今回選ばれたことを誇りに、今後も素晴らしいハーブ製品を作り出していただきたいと思います。

(はあぶ工房Togetherの皆様と)