【1日】消防本部で「救急技術発表会」を行いました。発表会では、日頃から救急活動を行っている隊員が、様々な状況を想定して現場到着から病院搬送までをシミュレーションします。救急隊員のリアルな活動を見ると、知識と技術の向上のため日々訓練していることがうかがわれます。今後も市民の命を守るため、病院前救護体制の充実を図りたいと思います。

(発表会の様子)

 

【2日】在良公民館で鈴木三重県知事と1対1対談を行いました。会場までは知事と一緒に三岐鉄道北勢線に乗車しました。知事には通勤通学のほか地域住民の重要な交通手段として利用されている地域鉄道を肌で感じていただきました。対談では地域鉄道の利用促進や、石取祭がユネスコ無形文化遺産登録をめざすことなどについて話し合いました。

(対談の様子)

 

【3日】総合福祉会館で行われた「桑名ボ連協まつり」に行ってきました。まつりは桑名ボランティア連絡協議会の主催でバザーが行われ、収益は加盟団体への活動助成金や災害に遭われた方への義援金などに活用されます。会場は多くの人で賑わい、皆様が品物を手に取りバザーを楽しまれていました。

(桑名ボ連協まつりの様子)

 

【3日】イオンモール桑名で行われた「苫前町の物産展」を見学してきました。北海道苫前町は桑名市と友好都市の関係にあり、様々な交流を行っています。イベントブースにはメロンやお米、ミニトマトなど苫前町の特産品が数多く並び、来店された皆様も足を止めて見入っていました。皆様も苫前町の旬の味覚を是非味わってみてください。

(物産展見学)

 

【3日】桑名市を舞台にした映画「クハナ!」の東海地区先行公開に合わせ、イオンシネマ桑名で出演者たちによる舞台挨拶が行われました。映画「クハナ!」は「アンフェア」の原作者である秦建日子氏が監督・脚本を務め、小学校のジャズ部が街の大人たちを元気にしていく物語です。私も映画に出演していますので、地元桑名で撮影された映画を皆様是非ご覧ください。

(舞台挨拶)

 

【4日】多度公民館で「桑名市多度町敬老会」を開催しました。会場にはたくさん皆様が集まり、歌謡ショーやお笑いなどの余興を楽しまれました。今後も豊富な経験と知識を活かし、様々な形で地域社会をサポートしていただきたいと思います。

(あいさつ)

 

【4日】長島健康福祉センターで「伊曽島地区敬老会」が開催されました。敬老会は、午前に式典、午後には様々な趣向を凝らした演芸プログラムが組まれるなど、来場者を楽しませる内容となっていました。来場された皆様には、地域社会の発展と活性化に向けて、引き続き私たちと一緒に取り組んでいただきたいと思います。

(あいさつ)

 

【5日】三重テレビの情報番組「旬感☆みえ」の生放送に出演しました。今回は東名阪自動車道に設置してある緊急避難施設などの防災情報、博物館で開催している妖刀村正の特別企画展、桑名の本物を知っていただく「桑名ほんぱく」などを紹介しました。また桑名でがんばる女性として女性消防団をお迎えし、団員が行う広報活動や教室・講演など女性ならではの活動についてお伝えました。今後も桑名の魅力ある情報を発信していきたいと思います。

(生放送の様子)

 

【11日】長良川国際レガッタコースで「デ・レーケ記念交流レガッタ」を開催しました。21回目を迎えるこの大会は、明治末期の木曽三川改修事業に多大功績を残したオランダ人技師ヨハネス・デ・レーケを称えるため、毎年秋に開催しています。また、このコースは国際的評価も高く、東京オリンピック・パラリンピックの事前キャンプ地の有力候補の一つにもなっています。本日参加された皆様には、この素晴らしいコースで木曽三川の自然を肌で感じながらレースを楽しんでいただけたことと思います。

(あいさつ)

 

【11日】長島防災コミュニティセンターで「中部・北部地区合同敬老会」が開催されました。会場のホールには、この日を楽しみにしていた大勢の高齢者の皆様が来場され、小中学生からのお祝いの言葉には大きな拍手が上がっていました。今後も高齢者の暮らしやすい、安全・安心なまちづくりをめざしたいと思います。

(あいさつ)