【1日】サンシティ星川で「年末年始特別警戒及び年末の交通安全県民運動出発式」を行いました。出発式では金融機関の職員が犯罪防止宣言を、バス会社の職員が交通安全宣言を行った後、店舗入口付近において啓発活動を行いました。年末年始は事件や事故が多くなります。皆様も防犯や交通安全についての意識を高めていただき、安全で安心して暮らせるまちにしていただきたいと思います。

(あいさつ)

 

【1日】「桑名石取祭の祭車行事」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことを祝い、桑名宗社で登録記念セレモニーが行われました。会場には記念の懸垂幕が掲げられ、多くの関係者の皆様と一緒に登録の喜びを分かち合いました。皆様も桑名にお越しいただき、世界の宝となった石取祭を是非ご覧ください。

(鏡開き)

 

【2日】桑名市博物館で開催している特別企画展「祭礼の美」を見学してきました。特別企画展は、「桑名石取祭の祭車行事」がユネスコ無形文化遺産への登録が見込まれることを祈念して、11月5日から12月11日まで開催されました。会場には祭事に用いる染織品の数々や祭りの様子を詳細に描いた屏風などが展示され、様々な祭りの美しさを感じることができました。

(特別企画展「祭礼の美」を見学する私)

 

【5日】桑名駅東口で「人権週間」街頭啓発を行いました。毎年12月4日から10日までの1週間を「人権週間」と定め、人権の大切さを広く知っていただくため全国各地で様々な啓発活動が行われています。桑名市でもあらゆる差別をなくし、人にやさしく人権が守られるまちづくりをめざしていきたいと思います。

(街頭啓発をする私)

 

【6日】「第1回桑名市市政功労者表彰式」を市制施行記念日である12月6日に行いました。第1号に選ばれたのは、桑名市に本社を置く株式会社柿安本店の名誉会長であられる赤塚保様です。桑名市の産業振興をはじめとした市政発展に寄与いただいたご功績により表彰させていただきました。今後も全国の皆様に、桑名・柿安の様々な食文化を発信していただきたいと思います。本当におめでとうございます。

(代理出席された赤塚保正代表取締役社長(中央))

 

【7日】中国安徽省安慶市の張小青副市長をはじめとする企業視察団の皆様がお越しになり、市役所内で両市の概要説明や意見交換などを行い、その後市内の商業施設「イオンモール桑名」を視察されました。これを契機に桑名市と安慶市が相互に理解を深めながら、交流が発展することを期待したいと思います。

(企業視察団の皆様と)

 

【15日】市民会館で行われた「第14回桑名市花き観葉植物品評会」を見学してきました。この品評会は桑名市温室園芸組合の主催で行われ、各賞を受賞された作品が展示されているほか即売会も行われています。会場には生産者の皆様が丹精込めて育て上げた観葉植物が数多く出品され、たくさんの方が来場されていました。生産者の皆様には、今後も品質向上をめざして、新しい作品に取り組んでいただきたいと思います。

(作品を見学する私)