【16日】今日から全国の主要コンビニエンスストアで、マイナンバーカード(個人番号カード)を利用して各種証明書が取得できる「コンビニ交付サービス」を開始しました。取得できる証明書は、「住民票の写し」・「印鑑登録証明書」・「所得課税証明書」・「所得証明書」の4種類で、マルチコピー機(多機能端末)から取得します。サービスは全国約50,000店舗で6時30分から23時までご利用いただけます。市民の皆様、是非ご活用ください。

(コンビニ交付サービスを利用する私)

 

【17日】「第10回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会」に出場し、小学4年男子30kg未満の部で準優勝した佐竹爽楽さん(七和小)と、第3位の山川慧大さん(精義小)が報告に来てくれました。2人は市内にある真誠塾に所属し、昨年11月19日に国立代々木競技場で行われた大会で、日頃の練習成果を発揮して優秀な成績をおさめられました。本当におめでとうございます。

(佐竹爽楽さん(右)、山川慧大さん(左)と)

 

【19日】神戸国際展示場2号館で開催された「全国サンダルフェア」を見学してきました。桑名からは、岩本ゴム工業所、大明商会、美幸ゴム工業所の3社が「桑名サンダル展」として出展し、履き心地や素材にこだわった多彩な商品を出品されました。桑名の履物づくりは明治時代から続く地場産業です。今後も今まで培ってきた技術と伝統を受け継ぎ、桑名サンダルの良さを全国に広めていただきたいと思います。

(全国サンダルフェアの会場で)

 

【25日】「第14回子どもアイディアコンテスト」で優秀賞を受賞された宮川わか葉さん(精義小3年)と、アイディア賞を受賞された福永りおさん(大山田西小3年)、山本果歩さん(星見ヶ丘小6年)が、受賞報告に来てくれました。今回は全国から4,096作品の応募があり、宮川わか葉さんは「なんでもかんでもおじぎ草屋さん」という作品で、昨年に引き続き優秀賞を受賞されました。今後も豊かな想像力を活かして、新たな作品に挑戦していただきたいと思います。各賞を受賞された皆さん、本当におめでとうございます。

(右から宮川わか葉さん、山本果歩さん、福永りおさん)

 

【28日】桑名市を主会場に開かれた「2016年ジュニア・サミットin三重」のポスト事業として、六華苑で「ポストジュニア・サミットinくわな2017」を開催しました。イベントには、市内外の高校生や三重大学の留学生ら約60人が参加し、振り袖の着付け実演や館内の見学などを行いました。またグループ討議では、桑名市の国際化や六華苑の魅力を発信する方策などについてワールドカフェ方式で自由に話し合い、提言書としてまとめました。参加された皆様には、今回の国際交流を契機に世界へ羽ばたいてほしいと思います。

(提言書を受け取る私)

 

【29日】NTN総合運動公園で「桑名市スポーツ少年団交歓会(駅伝大会)」が行われました。大会には様々な種目のスポーツ少年団が参加され、一つのタスキをチーム一丸となってつなぎゴールをめざしていました。こうした催しは、普段一緒に競技をすることの少ない選手の皆様が、お互いに交流を深めることができるとても良い機会になると思います。

(スタートの様子)

 

【29日】多度大社で毎年恒例の「追儺祭」が行われました。当日は天候にも恵まれ、豆撒きの時間には大勢の皆様が神社境内に集まってみえました。追儺祭は季節の変わり目に生じる邪気を追い払う行事です。私も今年一年が良い年であることを願いながら、豆を撒きました。

(豆撒きの様子)

 

【29日】NTN総合運動公園で「桑名市民駅伝大会」を開催しました。今年も中学生から一般の方までたくさんの皆様がチームを組み、日頃から鍛えた健脚で一つでも上の順位を狙っていました。こうした大会は、チームメイトの絆を強めるだけでなく、参加者同士の親睦・交流を深めることにもつながると思います。

(あいさつ)

 

【31日】桑名市民会館ネーミングライツ・パートナー企業がNTN株式会社桑名製作所様に決定し、契約調印式を行いました。契約期間は平成29年4月から34年3月までの5年間で、愛称はNTNシティホール(NTN City Hall)になります。同社はNTN総合運動公園のネーミングライツによる実績のほか、桑名での知名度も高く皆様に親しまれている企業です。今後はNTNシティホールとして、市民の皆様も是非ご利用ください。

(調印式)