【16日】貝塚公園で「桑名空襲犠牲者追悼式」が行われました。昭和20年7月17日と24日、桑名は米軍の空襲で火の海と化し、657名もの尊い命が犠牲になりました。私たちはこの悲劇を教訓にして、戦争の悲惨さを次の世代に語り継ぎ、世界の恒久平和に努めなければならないと思います。

(追悼式)

 

【16日】NTNシティホールで「桑名市民展」の表彰式を行いました。今年もたくさんの市民の皆さんから、140点を超える作品をご出品していただきました。作品を拝見させていただくと、様々な分野において皆さんの苦労と試行錯誤を感じることができました。受賞された皆さん、本当におめでとうございます。

(あいさつ)

 

【17日】NTNシティホールで「石取祭ばやし優勝大会」が行われました。大会には、子どもの部や女子の部など各部門にたくさんの方が参加され、日頃の練習成果を披露していました。今後も世界の宝である石取祭を守り、継承していただきたいと思います。

(あいさつ)

 

【17日】イオンモール桑名で「防災フェア桑名2017」を開催しました。この日は、広域避難訓練として木曽三川下流部8市町村の住民の皆様にご参加いただき、バス等を利用して避難の検証を兼ねた訓練を行いました。また、地震体験や大雨体験、自衛隊による炊き出し訓練なども行われ、市民の皆さんには災害の怖さと避難の大切さを感じていただけたと思います。

(広域避難訓練の様子)

 

【24日】三重テレビで放送された「旬感☆みえ」に出演しました。今回は、中小企業の皆さんを支援するため6月に開所した「桑名市ビジネスサポートセンター」、激流プールが新設された「ナガシマスパーランドのジャンボ海水プール」、東海地区最大級の2尺玉が20発も上がる「桑名水郷花火大会」を紹介しました。また、桑名で活躍する女性として「桑名石取祭」に携わって見える川瀬祥子さん、川瀬凜子さん、佐々木麻理亜さんに来ていただき、桑名石取祭保存会の伊藤守会長と一緒にトークを繰り広げました。今後も桑名の魅力を発信していきたいと思います。

(生中継の様子)

 

【25日】大山田コミュニティプラザで、鈴木英敬三重県知事と1対1対談を行いました。同プラザ内に今年4月に開設した「福祉なんでも相談センター」を視察した後、名古屋駅及び東海地方の鉄道網に関する県の関わり方や働き方改革、三重県における移住政策について、地域課題を交えながら意見交換を行いました。今後も県と連携して、住みやすいまち桑名をめざしていきたいと思います。

(対談の様子)

 

【26日】NTNシティホールで「全国近代化遺産活用連絡協議会桑名大会」が開催されました。大会は3日間に渡って行われ、六華苑重要文化財指定20周年を記念した講演や、鉄道遺産の保護と活用をテーマにした事例報告などが行われました。また現地視察も行われるなど、参加された皆さんには実りある大会になったことと思います。

(桑名宣言)