【17日】陽だまりの丘複合施設ぽかぽかで「第54回桑名市民体育大会兼少林寺拳法創始70周年第11回桑名市少林寺拳法大会」が行われました。少林寺拳法は日本で生まれた武道で、武術であるとともに社会に役立つ人づくりをめざしています。大会にはたくさんの子どもたちが参加され、日頃より練習した演武を披露していました。

(あいさつ)

 

【18日】桑名市体育館で「ゆめはまカップ柔道大会」が行われました。大会には子どもから大人まで多くの皆さんが参加され、日々の練習成果を競い合いました。参加者の中から、将来の金メダリストが誕生することを楽しみにしています。

(あいさつ)

 

【21日】伊曽島漁協で、幻の海苔といわれるアサクサノリの種付け作業を見学してきました。早朝から組合員の皆さんが集まり、大きな水車に網を巻き付けてノリの胞子を付着させます。アサクサノリは一般的に流通しているスサビノリと違い、環境の変化に弱いなど養殖が難しいため、毎年高値で取引されています。組合員の皆さんには、今後もおいしいアサクサノリを出荷していただきたいと思います。

(種付け作業を見学)

 

【21日】スーパーサンシ桑名店駐車場で「秋の全国交通安全運動出発式」を行いました。出発式には、津田大山田幼稚園の園児の皆さんも駆けつけ、歌やダンスを披露していただいたほか、「道路では遊びません」など交通安全宣言を行いました。市民の皆さんも、交通ルールを守って安全運転に心掛けてください。

(あいさつ)

 

【25日】第72回国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」に出場する選手の皆さんの報告会及び激励会を行いました。大会は、水泳と弓道が9月9日から17日にかけて、その他の競技は9月30日から10月10日まで、愛媛県をメイン会場として行われます。すでに競技を終えられた方は、自分の実力を存分に発揮していただいたことと思います。また、これから競技をされる方は、積み重ねてきた練習の結果を出していただきたいと思います。

(選手の皆さんと)

 

【26日】城南河川防災ステーションで「伊勢湾台風のつどい」が行われました。昭和34年の今日、伊勢湾台風がこの地を襲い、市内でも500人以上の尊い命が失われました。会場には、ろうそくの灯りで作られた「9.26」の文字が浮かび上がり、犠牲になられた方々のご冥福を祈るとともに、この甚大な被害を決して忘れてはならないと誓いました。

(浮かび上がる9.26)

 

【30日】桑名市体育館で「桑名市障害者福祉スポーツ大会」が行われました。大会は、玉入れや綱引きなど様々な競技が行われ、大人から子どもまでたくさんの皆さんが参加されていました。今後も障害者の皆さんが、安心して暮らせるまちづくりをめざしていきたいと思います。

(あいさつ)