【1日】姫路市のイーグレひめじで「第3回千姫フォーラム」が開催され、パネルディスカッションにパネラーとして参加しました。1617年、大阪夏の陣の後、千姫が桑名から姫路城に入場されて今年で400年になります。パネルディスカッションでは、ご入場されたたくさんの皆さんを前に、千姫に対する今までの取り組みや、今後の情報発信の方策などについて話しました。

(パネルディスカッションの様子)

 

【2日】「第26回日整全国少年柔道大会」(都道府県対抗団体戦)に、三重県代表選手として選ばれた三浦康瑚選手(大成小6年)が報告に来てくれました。三浦選手は、5月に行われた三重県大会で優勝、さらに8月に行われた全国大会個人戦で3位に入賞し三重県代表に選ばれました。大会では日頃の練習成果を存分に発揮していただき、上位入賞を狙っていただきたいと思います。

(三浦康瑚選手と)

 

【2日】「参議院70周年記念子ども国会」に子ども国会議員として選ばれた伊藤萌奈さん(星見ヶ丘小6年)と青木美咲希さん(大山田西小5年)が報告に来てくれました。子ども国会は、7月30・31日に行われ、伊藤さんは「オリンピック・パラリンピックを成功させるために」というテーマで、青木さんは「みんなが安心して生活できる社会にするために」というテーマで、それぞれ意見発表や意見交換をされました。

(伊藤萌奈さん(左)、青木美咲希さん(右)と)

 

【6日】「第3回世界シニアボウリング選手権大会団体」で銅メダルを獲得した柳川穂波選手が、結果報告に来てくれました。同大会で日本代表選手がメダルを獲得するのは初めてのことです。また、柳川選手は「日本スポーツマスターズ2017兵庫大会」においても個人優勝をされました。今後もさらに活躍されることを期待しています。

(柳川穂波選手と)

 

【7日】木曽三川公園で行われた「国営木曽三川公園センター開園30周年記念式典」に参加しました。会場にはたくさんの来場者が集まり、オープニングセレモニーでは子どもたちによる太鼓やダンスが披露されました。また、会場各所では様々なイベントが行われるなど、多くの家族連れで賑わっていました。今後もこの美しい木曽三川公園を、皆さんの憩いの場にしていただきたいと思います。

(あいさつ)

 

【8日】多度町の内母神社で石取祭が行われました。祭りは10月の第1金曜日から3日間かけて行われ、各地区の祭車6台が、鉦や太鼓を打ち鳴らしながら香取橋の堤防に集結します。祭りに参加する人の熱気とともに、皆さんが心を一つにして行う様子に地域の活力を感じました。

(あいさつ)

 

【9日】大山田コミュニティプラザで「MOA美術館桑名児童作品展表彰式」が行われました。ロビーには子どもたちが描いた水彩画や書道などが展示され、多くの来場者が足を止めて見入っていました。作品展に応募された皆さんには、また新たな作品に挑戦していただき、腕を磨いていただきたいと思います。入賞された皆さん、おめでとうございます。

(あいさつ)

 

【14日】「七里の渡し」をスタート地点として「RUN伴2017」が行われました。このイベントは、認知症の方やご家族、支援者の方がリレーをしながら認知症についての理解を深めていただくもので、桑名市は今年初めて参加しました。私も参加させていただき、皆さんとともにPRしました。

(スタート地点で)