【17日】「第72回国民体育大会」の成年女子100mで優勝したNTN陸上競技部所属の名倉千晃選手が、報告に来てくれました。大会は愛媛県松山市のニンジニアスタジアムで行われ、名倉選手は日頃の練習成果が実を結び、見事優勝しました。また、「第65回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会」の100m、200mでも優勝され、合わせて3冠を達成されました。おめでとうございます。

(名倉千晃選手と)

 

【21日】益世小学校をスタート地点として「桑名市婦人会連絡協議会桑名支部ウォーキング」が行われました。イベントにはたくさんの皆さんが参加され、準備運動で「桑名いきいき体操」を行った後、走井山へ向けて歩き出しました。参加者の皆さんには、桑名の歴史や文化を満喫しながら、ウォーキングを楽しまれたことと思います。

(あいさつ)

 

【26日】豊臣機工株式会社様と「企業立地に関する基本協定」を締結しました。同社は、自動車の部品を製造するプレス・板金メーカーで、日本をはじめアメリカやヨーロッパなど海外展開も進められています。今回の協定によって、地元雇用の創出や地域経済の振興・発展に大きく貢献していただけることを期待しています。

(調印式の様子)

 

【27日】多度町総合支所で「桑名市上下水道部災害対応訓練」が行われました。訓練では、水道管の破損事故を想定した応急復旧訓練、給水要請を想定した応急給水訓練を行い、市職員のほか桑名市上下水道工事事業協同組合様や第一環境株式会社様が参加されました。こうした訓練を日々行うことによって、災害時の迅速な対応につなげたいと思います。

(あいさつ)

 

【28日】養老公園で「西美濃・北伊勢観光サミット」が開催されました。今年は養老改元1300年祭として「養老改元フェスタ」が行われ、会場一帯は様々なイベントが催されました。今後は、ユネスコ無形文化遺産に登録された「桑名石取祭の祭車行事」等を活用した観光振興を行い、地域活性化に取り組んでいきたいと思います。

(サミットの様子)

 

【29日】八間通りで「2017商連くわな楽市」が行われました。今年の楽市は、「桑名が楽しい一日」をテーマに、毎年恒例のこども職業体験ほか、こども縁日やくわなめしの販売、石取祭が体験できるコーナーなど趣向を凝らした内容になっていました。当日はあいにくの雨模様となりましたが、来場者の皆さんには、桑名の食・歴史・技術などを感じていただけたことと思います。

(テープカット)

 

【30日】地域の防犯活動に取り組んでいる「わんわんパトロール隊くわな歩ワン官」様と「地域共生社会に向けた見守り協力に関する協定」を締結しました。協定では、愛犬との散歩を通じて子どもや高齢者を見守っていただき、異変に気付いた時は関係各所に連絡をしていただける非常に心強いものとなっています。今後も地域の見守り体制をさらに拡充していきたいと思います。

(記念撮影)

 

【31日】消防本部で「防火ポスター表彰式」が行われました。作品は、細部にわたるまで丁寧に描かれ、今年の防火標語である「火の用心 ことばを形に 習慣に」を連想させる力作となっていました。入選された作品は、11月2日からイオンモール東員に、11月14日からイオンモール桑名に展示します。入選された皆さん、本当におめでとうございます。

(あいさつ)