【16日】イオンモール桑名で「桑名市地域子育て支援センター にこにこ」のオープニングセレモニーを行いました。本施設は、公民連携により桑陽保育所内から移転し、商業施設内では県内初めての公営の支援センターになりました。また、保護者の視点に立って、対象者を未就園児に限定せず、未就学児まで拡大しています。子育てに関する相談などにぜひご利用ください。

(テープカット)

 

【16日】総合福祉会館で、桑名市身体障害者福祉協会主催の「クリスマスのつどい」が行われました。会場にはたくさんの皆さんがお集まりになり、マジックショーやビンゴゲームなどを楽しみながら、お互いの交流を深めました。今後も障害者の皆さんが安心して暮らせるまちづくりをめざしていきたいと思います。

(あいさつ)

 

【19日】2017年度3次隊青年海外協力隊で、東ティモールに派遣される薬剤師の中嶋聖子さんが、出発前のあいさつに来てくれました。派遣期間は平成30年1月から32年1月までの2年間で、現地では「医薬品・医療用品サービスセンター」において、薬の調達などに従事されます。慣れない場所での任務となりますので、お体に気を付けてがんばっていただきたいと思います。

(中嶋聖子さんと)

 

【19日】三重北農業協同組合様から、「くわな農業まつり」で実施されたチャリティ募金を寄付していただきました。また、2月18日に行われる「第11回美し国三重市町対抗駅伝」の桑名市代表選手団を激励するため、スポーツドリンクとお茶を差し入れていただきました。ありがとうございました。

  

(三重北農業協同組合の堀田良平常務理事と)

 

【25日】桑名市スポーツ少年団所属の軟式野球チーム「大成スターズ」の皆さんが、歳末助け合い共同募金を行い、集まった募金を届けてくれました。募金活動は24日に桑名駅東口で行われ、冬空の寒い中、朝早くからがんばっていただきました。集まった募金は社会福祉協議会へ届けさせていただきます。ありがとうございました。

(大成スターズの皆さんと)

 

【25日】記者会見で、今年の「桑名市政10大ニュース」を下記のとおり発表しました。

・映画「クナハ!」映画部が、ふるさと名品オブ・ザ・イヤー地方創生大賞を受賞

・大山田コミュニティプラザ内に「福祉なんでも相談センター」を開設

・県内で初めて、台湾からの教育旅行で小学生を受け入れ

・津田学園高等学校が、桑名勢として夏の甲子園に初出場・初勝利

・桑名駅改修工事に着手

・金メダリスト高橋侑希選手を桑名市スポーツ親善大使に任命

・働き方改革で、職員の時間外勤務を約9%(4,500時間)削減

・桑名市産業観光まちづくり協議会が、「第11回産業観光まちづくり大賞」で金賞を受賞

・公民連携で、イオンモール桑名に「桑名市地域子育て支援センター にこにこ」を開設

・同報系防災行政無線を旧桑名地区浸水部に完備

(記者会見の様子)