【3日】大福田寺で行われた「節分祭」に参加しました。境内は、子どもから高齢者までたくさんの参拝者で賑わい、掛け声とともにまかれる福豆に皆さん集まっていました。私も今年一年が良い年であることを願いながら、豆をまきました。

(豆まきの様子)

 

【4日】NTN総合運動公園で、「桑名市スポーツ少年団交歓会(駅伝大会)」が行われました。大会には様々なスポーツ少年団の皆さんが参加され、一つのタスキをチーム一丸となってつないでいました。参加された皆さんは、駅伝を楽しみながら、他競技の方との交流を深めることができたと思います。

(スタートの瞬間)

 

【4日】NTN総合運動公園で、「桑名市民駅伝大会」を行いました。大会には、走りに自信のある市民ランナーの皆さんが大勢参加され、日頃の練習で鍛えた健脚を披露していました。こうした催しは、市民の皆さんの健康維持・増進につながるとともに、お互いに親睦を深めることができる機会になったことと思います。

(あいさつ)

 

【6日】株式会社柿安本店様と「ネーミングライツ・パートナー契約調印式」を行いました。今回の契約では、本社の前にある「吉之丸コミュニティパーク」が「柿安コミュニティパーク」の愛称になります。また、社員による清掃活動の実施や、今後のイベント開催などにも携わっていただけます。市民の皆さんの憩いの場として、「柿安コミュニティパーク」を是非ご利用ください。

(株式会社柿安本店の岡本取締役副社長と)

 

【6日】ヤマモリ株式会社様と「ネーミングライツ・パートナー契約調印式」を行いました。今回の契約では、現在の「桑名市体育館」が「ヤマモリ体育館」の愛称になります。また、桑名市の行事には、自社製品の提供を行っていただけます。市民の皆さんのスポーツの場として、是非「ヤマモリ体育館」をご利用ください。

(ヤマモリ株式会社の三林代表取締役社長と)

 

【6日】市役所内で、第11回美し国市町対抗駅伝の「桑名市選手団壮行会」を行いました。大会は2月18日に行われ、「三重県庁」から「三重交通Gスポーツの杜 伊勢」までの10区間42.195kmを走ります。選手の皆さんには、日頃の練習成果を存分に発揮していただき、上位入賞をめざしていただきたいと思います。

(優勝めざして、がんばるぞ)

 

【7日】東建多度カントリークラブ・名古屋様と「災害時における緊急避難場所の提供に関する協定」の調印式を行いました。協定では、土砂災害の発生やその恐れのある場合、クラブの施設を緊急避難場所として提供していただける非常に心強いものとなっています。今後も地域の皆さんが安心して暮らせるまちづくりに取り組んでいきたいと思います。

(東建コーポレーション株式会社の左右田代表取締役社長兼会長と)

 

【14日】地域の見守りを目的として、中日本高速道路株式会社様、株式会社三重平安閣様、みえ医療福祉生活協同組合様と「地域共生社会に向けた見守り協力に関する協定」を締結しました。協定では、高速道路への迷い込みや、顧客訪問時に高齢者や子どもの異変が感じられる場合などに、市の窓口や関係機関に連絡をしていただけるものとなっています。今後も皆さんが安心して暮らせる地域づくりをめざしていきたいと思います。

(関係者の皆さんと)

 

【14日】市役所内で「第62回鋳物生産技術競技会」の表彰式が行われました。この競技会は、桑名の地場産業である鋳物の生産技術向上を目的に行われ、今年は13社13名が参加されました。受賞された作品は、2月21までは市役所地下の市民ラウンジに、22日以降はくわなまちの駅やショッピングセンターなどに順次展示されます。お近くに寄られた際には是非ご覧ください。

(受賞された皆さんと)