【19日】RDF安全祈願式が三重ごみ固形燃料(RDF)発電所で行われました。消防士2人が死亡した爆発事故から15年を迎え、遺族、知事、県職員らとともに冥福を祈り、記念碑に花を手向けました。

(献花)
 
【21日】東京大学に行き「アセットマネジメントシンポジウム」に参加してきました。公・民が別々に事業を行っていると満足度合や効率に限界があると感じているという意見が多いなか、市の取り組みである公民連携の常設窓口「コラボ・ラボ」等の取組を紹介したところ多くの参加者から関心を得ていました。
(登壇の様子)
 
【23日】NTNシティホールで「桑名市戦没者追悼式」を行いました。私たちが当たり前のように享受している平和と繁栄は、戦陣に散り戦禍に倒れた方々の犠牲の上に築かれていることを忘れてはなりません。この悲劇を2度と繰り返さないよう、その記憶を風化させることなく次世代に継承していかなければならないと思います。
(あいさつ)
 
【28日】市役所で「桑名市竹資源の循環創出に関する包括連携協定締結式」を行いました。この協定は、三重北農業協同組合様、NPO法人桑竹会様、世界唯一ともいえる技術を持つ株式会社ミラリード様と協力し、市内の竹を有効活用することで竹林整備を推進することを目的としています。
(締結式)
 
【30日】市役所で「防災職員研修」を行いました。平成30年7月豪雨災害対応からの教訓と市職員としての備えるべきことや、被災地に派遣した職員の体験報告から市の災害対策に活かす方法などを学びました。
(研修の様子)
 
【30日】7月に長野県松本市で開催された「第11回全日本ジュニアテコンドー選手権」に出場し、優勝した藤が丘小学校5年生の青木仁美さんと大成小学校4年生の吉川健蔵さん、準優勝した大成小学校2年生の吉川周作さんが大会の結果報告に来てくれました。
(記念撮影)