【1日】
元号が「令和」となり新しい時代が始まりました。
記念すべき令和の初日に、第三回目となる灯街道・桑名宿のイベントが開催されました。また、今回は「みんなで歩こう灯街道」も開催され、私も関係者、参加者の皆様とウォーキングをしました。灯篭や月の光を見ながら歩く時間はとても幻想的な素晴らしい時間でした。
(点灯式の様子)
 
【3日】
鎮国守国神社で行われた「金魚まつり」に行ってきました。まつりでは、金魚の御神輿を子どもたちが担ぎ、最後に神社に練り込みます。神社周辺は家族連れなどたくさんの見物客で賑わい、まつりを盛り上げていました。
 
(まつり関係者の皆さんと)
 
【5日】
多度大社で行われた「多度祭」に行ってきました。上げ馬神事は、豊かな自然のもと、歴史と文化そして伝統が一体となった県の無形民俗文化財の指定を受けている伝統行事です。県内外から多くの観光客が訪れており、人馬一体となって駆け上がる勇壮な姿に大歓声があがっていました。私もこの後馬に乗って御旅所まで行き流鏑馬を見学しました。
 (御旅所へ向かう私)
 
【10日】
春の全国交通安全運動出発式に参加してきました。最近、社会では自動車等の危険運転や交通事故が大きくクローズアップされています。まさに一人一人の交通ルールの遵守と正しい交通マナーが問われています。子どもたちのかけがえのない命を守るためにも関係機関・団体と連携した啓発を強く推進していきます。
 
(出発式の様子)
 
【12日】
長良川国際レガッタコースで「木曽三川交流レガッタ」が行われました。「究極のチームスポーツ」と言われるレガッタはクルー全員の息が合い、一つの艇を皆で進めていきます。その感覚は一度体験すると虜になります。当日は天候にも恵まれ、参加者の皆さんは日頃の練習成果を存分に発揮できたことと思います。
 
(開会式の様子)
 
【15日】
桑名市総合医療センターで「生命の駅伝出発式」が行われました。生命の駅伝は24年間にわたり、がんの研究支援を行っているとのことです。桑名市総合医療センターも西棟の改修が終わり、新棟と西棟を併せて400床での稼働となりました。桑員地域で初めて診療が可能となった放射線治療など、積極的な治療を進め、桑員地域の中核病院としての役割を果たしていただいています。
(出発式の様子)